ここから本文です

恋人といつでも一緒にいられるのが同棲(どうせい)の良いところですが、その一方でデメリットもあるもの。そのため好きな相手だとしても、同棲(どうせい)したいか、したくないかは意見が分かれるところです。社会人女性に、それぞれの意見を聞きました。

サムネイル

まずは同棲(どうせい)したくない派の意見から。

■婚期が遅れる?

「昔、付き合ってすぐに結婚を前提に同棲(どうせい)したことがあった。結果、けんかが増え、疲弊して別れた。もしかするとすぐに一緒に住まず、きちんと相手のことが分かってからだったら結果が違っていたかもと思う」(27歳/教育)

「女性にとって同棲(どうせい)は結婚に向けての第一歩だけど、男性にとっては単なる家賃削減の手段だと聞いたことがあるので」(26歳/サービス)

「同棲(どうせい)した結果、ときめきがなくなり婚期が遠のいた友達が多いから」(30歳/商社)

 結婚のためには互いを知ることが大事だと思っていましたが、知りすぎてときめきがなくなるのも良くないということですね。

■見られたくないところを見られる

「普段、家ではすごくだらしないので、それがバレるのが嫌。バレないように努力するのも窮屈なので、一緒に住むのがそもそも面倒」(29歳/出版)

「たとえ恋人でも見せたくないところがあるので。結婚するまではそういうところは見せたくない」(27歳/サービス)

 一緒に住むと、生理現象などの問題も出てきてしまいます。家族になる前だと、そのうち女性として見られなくなるのでは......と懸念する人もいるようです。

 また、「別れるときが大変。別れる話をするだけでも気力を使うのに、その上賃貸の契約解除の話や家具の分配の話までしないといけないのが同棲(どうせい)で最大のデメリットだと思う」(26歳/教育)という、実体験に基づいた意見も。「いつか別れる」なんてことを考えながら同棲(どうせい)する人はいないと思いますが、確かに別れるときは大変そうですね。

続いては同棲(どうせい)したい派の意見。

■同棲(どうせい)はお得?

一緒に住めば防犯面で安心できる。一人暮らしだったときはオートロックで2階以上の物件に住んでいたので高かったけど、彼と一緒なら安心なので1階に引っ越し、その分安くなった」(27歳/商社)

「別々に住むと、デート代や相手に会いに行くための交通費がかかる。同棲(どうせい)だとかからないので」(25歳/広告)

 やっぱり多い同棲(どうせい)のメリット。お金が浮いた分を貯金し......という計画的なカップルもいるようです。

■同棲(どうせい)は保険?

「結婚前に一緒に住むことで、結婚してうまくいく相手かどうか分かると思う。もし結婚してから一緒に住み、やっぱり一緒に住めないとなると、離婚しなきゃいけなくなる」(27歳/商社)

「性格が合うか合わないか、信用できる人かどうかが分かる」(29歳/サービス)

 同棲(どうせい)は結婚前のいわば保険という意見。結婚してしまうと、別れるのも一苦労ですからね。

■最大のメリットは「一緒にいられる時間」

「ずっと一緒にいたいので」(27歳/証券)

「相手の仕事が忙しいので同棲(どうせい)している。別々だと2週に1度会えたらいい方という感じなので、そのうち自然消滅しそう」(28歳/飲食)

 好きな人と一緒に過ごす時間が増えるのは、同棲(どうせい)する最大のメリットかもしれませんね。


同棲(どうせい)にはデメリットもありますが、メリットだってたくさんあります。互いのことを理解し合い、何のための同棲(どうせい)なのかを話し合っていれば、後悔することは少ないでしょうね。

(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ