ここから本文です

フリーアナウンサー・宮根誠司が9月8日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、スタッフの出したカンペの内容に激怒したとネット上を中心に話題になっている。

サムネイル



番組では、錦織圭選手が全米オープンテニス男子シングルスの決勝進出を果たしたというニュースを報道。元プロテニスプレーヤーの杉山愛氏による解説が行われていた。

そんななか、スタッフから宮根アナに、「なぜ全米で?」と書かれたカンペが出された。宮根アナはカンペを見ると突然、「それなんだ? 意味わかんないんだけど。あなたの考えですか?」とスタッフに詰め寄り、「こういう人間が多いんですよ。スタッフでちょっとテニスをかじっている人間がしったかぶりをするんです」と畳み掛ける。なにかが宮根アナの怒りに触れてしまったようだ。

その後も、カンペの意図を確認しつつ、納得のいかない面持ちの宮根アナ。カンペが、テニスの4大大会でも全仏オープンはクレーコート、全英オープンはグラスコートとそれぞれ違うなか、ハードコートの全米オープンで錦織選手が決勝進出までいった理由について聞きたいのだと受け取るも、「興味あるかな? 視聴者の人」と首をかしげ、不満気な様子のまま杉山氏に質問。杉山氏の「錦織選手は全米オープンのハードコートとの相性はいいです」という言葉には納得したものの、「全国ネットなのにこんなことをしゃべらされているんですよ、僕ら」とカンペの内容には最後まで不満を零していた。

視聴者からはネット上で、「宮根はなんで怒ったんだ?」という疑問の声を中心に、

「普段カンペなんか出なくて、突然出されたからビックリしたんじゃね?」
「せっかく杉山さんが来てるんだから好きにしゃべらせろってことかね?」
「ただの番組内での笑いを取るためのやり取りでしょ」

などの憶測も飛び交っているが、「コートの違いはテニスを熟知している人は気にするかもしれないが一般の人は興味ないと思ったのだろう」という見方が強い。実際のところはわからないが、宮根アナがスタッフに迫る姿にはギョッとした視聴者も多いようだ。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ