ここから本文です

SKE48・AKB48兼任の松井珠理奈が9月9日に自身のブログで、SKE48への熱い思いをつづり、「一期生として、引っ張っていきますよ」と宣言した。

サムネイル



故郷である名古屋に帰り、いろいろなことを考えたという松井。「言葉にしないと伝わらないことってたくさんある」と素直な心境を明かしている。

松井は、「私は、手を抜くことが嫌いです」と語る。あまりに一生懸命な姿にファンから心配されたこともあったそうで、「迷惑をかけてしまうのは、良くないなぁと、みなさんが教えてくれました」と反省。だが、「SKEといえば全力!! このイメージを絶対に崩したくありませんでした」「私の背中をみてくれているメンバー、先輩に憧れて入ってくれたメンバーがいます。そういうメンバーが1人でもいる限り手を抜いちゃいけない。そう思っています」と語っており、今後も"全力"のスタイルは続けていく様子。

メンバー同士ではプライベートでもSKE48の話をしているそうで、深いグループ愛は加入当初から変わらない。「SKE48入って、後悔したことはありません」とキッパリ。ファンやメンバーへの感謝を述べるとともに「まだまだ進み続けますよ。1期生として、引っ張っていきますよ」と今後の活動への意気込みを示した。

総合プロデューサー・秋元康氏の秘蔵っ子と称され、SKE48からAKB48への完全移籍もファンの間で度々うわさされている松井。しかし、本人のSKE48への思い入れはまだまだ強いようだ。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ