ここから本文です

理想をそのまま描くことができる漫画やドラマでは、ときに現実離れした現象が描かれてしまうことも。20~30代の男女に、「さすがにこんなこと起きない」と思う漫画&ドラマのシチュエーションについて聞きました。

サムネイル

■漫画でしか見たことがない光景

「パンをくわえて走る美少女に遭遇する」(29歳/男性)

 急いでるのは分かりますが、もし現実なら......かなりお行儀が悪いです。

■雨の日の学園漫画にありがちなこと

「雨の日に子犬が捨てられており、それを偶然ヤンキーの男の子が見つけて自分の傘を置いてずぶ濡(ぬ)れになりながら走って帰る。そしてその様子をたまたま女の主人公が目撃する」(28歳/女性)

 どのくらいの偶然が重なってこのような状況になるのでしょうか。

■変身系

「メガネをはずしたとたん、学校一の美少年or美少女に早変わりするクラスメートがいる」(23歳/女性)
 「前髪をかきあげるとすごいイケメン」(27歳/女性)という意見も。それだけのイケメンor美少女なら、日ごろから堂々とその美貌を見せた方がいいと思います。

■偶然すぎる確率

「同じ男女が何度も偶然出会う」(26歳/女性)

 家や学校の近所ならまだしも、海外でも偶然出会ったりしますよね。ちなみに筆者は1日に同じ人と3回偶然会ったことがありますが、残念ながら同性でした。

■それ、どうなってるの......?

「前髪が触覚のように2本だけ出ている髪形」(28歳/男性)

 確かにアニメでは、不思議な髪形の人がよく登場します。筆者もいまだにセーラームーンの髪がどうなっているのか謎です。

■幼馴染の設定がおかしい

「かわいい幼馴染が実は自分のことが好きで、年ごろになっても家によく遊びに来る」(33歳/男性)

 「幼馴染がかわいい」という箇所だけをとっても、現実ではそうそうないことだと思います。

■ハーレム状態

「タイプの違うすごくかわいい女の子2人から急に言い寄られる」(30歳/男性)

 しかも、どっちつかずな態度を取っても、呆(あき)れられるどころかますます積極的になられるという......。そんな都合のいいこと、ありませんからね!


大人になって世の中のだいたいのことが分かってくると、漫画やドラマの設定やシチュエーションに「そんなこと起きないよ!」と思ってしまうことも。漫画やドラマのような奇跡を夢見ることなく、フィクションとして楽しみたいものです。

(プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ