ここから本文です

"トレンドの波"を体感できる、世界初となるSNS連動型のバーチャルジェットコースター「ヤフー トレンドコースター」が9月11日にお目見え。東京・青海の東京レジャーランドで開催された発表会には、お笑い芸人の平成ノブシコブシの2人が登場した。

サムネイル

左から内田伸哉氏(ヤフー株式会社)、荒波修氏(ヤフー株式会社 執行役員)、平成ノブシコブシ・吉村崇、徳井健太


ヤフー トレンドコースターは、TwitterやFacebookなどSNS上の投稿を検索できる「Yahoo!検索」の「リアルタイム検索」を利用し、キーワードの投稿件数の推移グラフを"トレンドの波"としてコースにしたバーチャルジェットコースター。可視化されたコースを360度の3Dバーチャル空間で体感できる新感覚のアトラクションだ。

イベントではまず、ジェットコースターが苦手だという吉村崇が挑戦。検索ワードには、錦織圭が日本人初となる全米オープン準優勝を果たし日本中が盛り上がっていたことから「テニス」を選択した。すると、最近の盛り上がりを物語るかのような最大高低差568メートルのコースが現れ、吉村は「これやばい。うわわー、何これー」と絶叫。

無事に体験した後には「とんでもない急角度で降りてもう本当にジェットコースターだった。目の前に錦織さんがバンバン飛んでくるし、最後には『チリッチ最高のテニスができた』という文字が見えた」と興奮気味にコメントした。

サムネイル

ヤフー トレンドコースターでは、入力した検索ワードにあわせて画面の色が変化したり、ネット上にある関連画像やニュースのトピックス、Twitterなどのツイートが表示されるようになっており、SNS上のトレンドをまさに体感することが可能となっている。

サムネイル

続いて徳井健太が「平成ノブシコブシ」をキーワードに挑戦。徳井は「かなり高めのコースになっちゃうんじゃないかな?」と期待するものの、現れたのは最大高低差0.94メートルの平坦(へいたん)なコース。

サムネイル

吉村が「心拍数で言うと、もう危篤ですよ(笑)」と言えば、徳井も「お笑い芸人とは思えないような山も谷もない人生だな」と苦笑い。破天荒なコースを作るためには?という記者からの質問に対しては「不謹慎だけど、裸で公園を歩いてデング熱にかかるしかないですね。家の近くで出ているんですよ」(吉村)、「あとは、常に不仲なので俺が離婚することかな」(徳井)とコメントした。

ヤフー トレンドコースターは9月12日~15日までの4日間、東京レジャーランドで一般体験イベントが開催される。体験可能人数は1日50人程度(無料・先着順)となる。また9月17日、18日には東京国際フォーラムにて開催される「アドテック東京2014」にも出展。こちらでも1日50人程度(無料・先着順)体験することができる。

特設サイトでは、体験ムービーが楽しめるほか、トレンドコースターの世界観が味わえるスペシャルムービーも公開されている。

(取材・文/浅井英彦@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ