ここから本文です

アイドルの枠を超えた過激なパフォーマンスで多くの話題を提供、7月に惜しまれつつ解散したアイドルグループ・BiS。そのリーダーであったプールイが、BiSのこと、今後のことについて赤裸々に語った。

サムネイル

全裸PVにスク水ダイブ、握手会ならぬKISS会......。BiSといえば真っ先にこうした先鋭的な面が思い浮かぶ。その先頭に立っていたのは、オリジナルメンバーでリーダーであるプールイだった。
もともと数年で解散を前提として活動していたBiSだが、その最後は目標として掲げていた武道館公演を果たせずに終わる(ラストライブは横浜アリーナで開催)というもの。しかも、ラストライブでメンバーそれぞれの今後の活動計画が発表されるというものだっただけに、引き続きメンバーの"アフターBiS"が注目されている。
とりわけ、BiSのサウンドプロデュースを務めていた松隈ケンタ率いる新バンド・LUI◇FRONTiC◇松隈JAPAN(以下LF)のボーカリストとして活動を始めているプールイが見据える先を知りたいという人は多いだろう。

――BiS解散から1日も休まずに走り続けているだけに、感慨に浸る暇もないとは思いますが、やり残した感はありますか?

もうやりきったかな。普通にさみしいとは思いますよ。やっぱり好きな曲もあるので、それを6人で歌って踊れない、ライブでできないというさみしさはあるんですけど、それはカラオケでやればいいかなって。特にくすぶったりはしていないです。

――武道館に立てなかったことについては?

最後、もう不可能だってわかったときはすごい絶望感でしたね。辞めていったメンバーとの約束でもあったので、私とのんちゃん(プールイと同じくオリジナルメンバーのヒラノノゾミ)にしかわからないつらさはありました。とはいえ、いろいろな事情があって、できないものは仕方ないなと切り替えは早かったです。

でも、武道館はメジャーな憧れの場所なので、単純に立ちたいという気持ちは今もあります。今度はバンドで。そのときは、サイリウムが見たいんです! 大好きな高橋愛さんの卒業コンサートを見たのも武道館だったのですが、すっごくキレイで。BiSでもサイリウムなんてなかったので、LFが武道館でライブできたときはぜひサイリウム振ってほしいです!! アンコールとかで。

サムネイル

――今は"バンド"なんですよね。BiSとはまた違った方向に向かうのは間違いないと思いますが、一方でBiSの過激さも楽しんでいたように思います。

BiSのときも面白がってましたね。BiSってアングラなサブカルだったんですよ。関わってる人とか、載る雑誌とか、ターゲットとか。でも自分が好きなことって実は全然そこにはなかった。そういった人たち、そういった機会に出会えたことはすごく自分にとってプラスだったし、学んだことも多かったんですが、自分の嗜好(しこう)とは違くて。一緒にやらせていただいた非常階段のJOJO(広重)さんも私にとっては"伝説の人"じゃなくて"やさしいメンバーさん"なんです。だから、これからは、私がずっとやりたかったことに近づいていけたらいいなと。

――やりたかったこと?

私、どメジャーが好きなんです...! 普通にポピュラーなものというか。会いたくて会いたくて震えちゃったりしたいんです!! 私の中では、おもしろいことをやるとか、目の前のことを必死になってやるというのがBiSだった。その辺は残しつつ、LFでもおもしろいことやっていけたらいいなと思います。

――松隈ケンタさんもいるし、一番BiSを継承していくのがLFなのかなと思ってました。

でもプラニメ(メンバーだったカミヤサキと、元いずこねこの茉里とのデュオ)にはBiSマネジャーの渡辺淳之介さんがいるので、そっちのほうがBiSなんじゃないかな......? 私がミーハーなので、LFはミーハーなところに行きたいなって。だから今後はみんなが求めてるものとは違うものをやっていく可能性もあるし、物足りなさを感じる人もいるかもしれない。

――自分がやりたいことと、みんなに求められるものは違う?

まさに今模索中です。BiSを好きだった人をまったく相手にしないのは違いますし。裏切る必要もなくて。ただ、じゃあBiSファンだけに向けてやればいいかというとそれも違う。メジャーなことをやるには、もっと多くの人たちを取り込まなきゃいけない。

でも、アイドルでもバンドでもないというか、そういうものに縛られる必要もないと思ってます。バンドが握手会とかチェキ会とかやっちゃいけないのかって言ったらそんなことない。そういう、縛られない存在になりたいですね。

サムネイル

なんか、バンドになった途端、ファンの意見が厳しくなったんですよ! アイドルだった私たちのライブに点数をつけたことなんてない、「楽しかった」とだけ言ってた人たちが、バンドになった途端、点数を付けはじめて。今日は何点だ、ここがダメだって。どうやら、バンドはこうじゃなきゃいけないというのがあるらしくて。アイドルはこうじゃなきゃいけないというのを一緒に壊して、アイドルがやらないことを楽しんでくれた人たちなのに(笑)。BiSのファンの人たちって、もともとアイドルを知らない、BiSで初めてアイドルを好きになった人が多いんですが、そういう人たちってもともとバンド畑だったりするので、いろいろ言われますね。

――なじみがあるだけに、言いたくなっちゃう。

アイドルでなんでもありだったんだから、バンドでも何やってもいいですよね。バンドが踊っちゃいけないなんて誰が決めたのかと! LFのライブでもケチャ(アイドルファン特有の振り)をやる人がいるんですけど、「バンドなんだからケチャをするな」「MIXうつな」という声もあります。私はそれに関してはなんとも思ってなくて。BiSのときも、バンドさんと一緒にライブをやることも多かったんですが、ケチャやMIXをバンドの人たちも普通に面白がって喜んでくれてた。だから、そういうのがあってもいいと思うんですけど、一部のファンは頑なにそれを拒否する。「バンドらしくあれ」と。BiSだった私にアイドルらしくあれなんて一言だって言ったことない人が、バンドになったとたんにバンドらしくあれって言ってくる。すごく不思議です(笑)。

でも、BiSも思い返せば、最終的には「アイドルらしくない、でもそれがかっこいい」になったんですけど、最初はめっちゃたたかれた。イベントにでれば、かわいくないだの言われるのは普通だし、俺の好きなアイドルに近寄るな、汚いとまで言われた。それでも、胸を張って、「私たちはアイドルです」と言い続けたら、アイドルになった。だから、そういうことはLFでもやれたらいいなと。「お前らバンドじゃねえ」って言われても、「バンドだよ」って言い続ければ、最終的にはバンドになれるんじゃないかな。そういう人たちも、プールイについてったら面白いんだなって最後に思ってくれればいい。それで武道館に立ってるはずだと思います。だから、黙って見てて、と今は言いたいです。

(取材・文/大木信景@HEW)
写真:トレンドニュース

■「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見てみたい。


表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。 それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。

【バックナンバー】
<視線の先>私が『夏祭り』を歌い続ける理由......歌への愛憎に揺れた日々
<視線の先>山中さわおインタビュー「the pillowsの25年とこれから」
<視線の先>「江頭2:50になりたい」......美女が女芸人を目指す理由
<視線の先>ロシア人声優・ジェーニャ「絶対誰かが認めてくれる」......夢かなえた先にあった現実


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> プールイが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」


元アイドルがファンをバッサリ!



話題の「全裸PV」裏側もスゴイ事に......


 ※その他の出演番組>>

・BiSからバンド結成で一番の変化は?
・BiSグループ内で最大の揉め事とは?
・元BiSリーダーが語る良かった事とは
・元BiSリーダーが語る一番辛かった仕事

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ