ここから本文です

俳優・新井浩文が9月22日に自身のTwitterで、映画関係者に向けて異例の呼びかけ。オファーの公開募集をかけた。

サムネイル



新井は、実写映画「バクマン。」で主人公たちのライバル漫画家・平丸一也役を演じることを報告して、「これで情報解禁してない作品なくなった~。わ~い\(^o^)/」とひと安心。しかし、その後すぐに「ん? わーい\(^o^)/じゃねえな!! 映画のオファー来てねえよ!!」とノリツッコミ。なんと「映画関係者の方、今月いっぱいに台本持ってきた組は、ギャラ30%OFFにしますよ。つまんない台本持ってきたら、50%上乗せします」と冗談めかしてオファーを求めた。

映画「アウトレイジ ビヨンド」や「ヘルタースケルター」、「永遠の0」など数多くの話題作に出演している実力派俳優・新井だが、オファーがプッツリ......なんてこともたまにはあるようだ。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ