ここから本文です

芸能活動休止中の元モーニング娘。・矢口真里が10月末に復帰すると報じられている。だが、一部のモーニング娘。ファンは、矢口復帰により、11月に予定されている道重さゆみのモーニング娘。・卒業のニュースがかすんでしまうのではと心配の声を上げている。

サムネイル



モデル・梅田賢三との自宅不倫が原因で俳優・中村昌也と離婚し、昨年10月より芸能活動を休止している矢口だが、今年10月末に芸能活動を再開すると一部スポーツ紙が報じている。報道によると矢口は、現在複数の芸能関係者と復帰について本格的な話し合いを行っており、それにともない騒動の謝罪や釈明も行う見込みだという。

だが、この報道に一部のモーニング娘。ファンは、矢口の復帰のタイミングが重なってしまうことで、11月26日に予定されている道重のグループ卒業から世間の注目がそれてしまう可能性を危惧。ネット上でも「道重リーダーの卒業時期に被せてこなくても」と矢口への非難の声が上がっている。

なかには、「また矢口の報道で卒業ニュースがつぶされる」「矢口は絶対さゆみの卒業日にまたやらかす」などの声もあるが、なぜこのように「また」と言われてしまっているのかというと、実は矢口は以前からなにかとタイミングが悪いとファンの間でもっぱらの評判。
昨年5月に不倫疑惑がスクープされた日は、後輩・田中れいなの卒業公演とまさに同日で、中村との離婚を報告した日は、同期だった保田圭が結婚を発表した翌日。さらに、矢口のモーニング娘。脱退のきっかけとされる2005年4月の俳優・小栗旬との熱愛報道は、後輩である石川梨華の卒業直前だった。

いずれも本人の意図ではないだろうが、なにかと間の悪さが目立つ矢口。今回も道重の晴れ舞台に泥を塗るようなかたちになってしまわないといいが......。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ