ここから本文です

男性にかわいくおねだりしている女性を見ると、同性からすると「ずるい!」と思いつつも上手に甘えられる姿にうらやましさを感じてしまうことも。おねだり上手な女性たちは、どうやっておねだりしているのでしょうか。普段、皆さんが使っているおねだり術を聞きました。

サムネイル

■無邪気にかわいく
「やっぱり素直さに勝るものはない! ということで、満面の笑みでかわいくおねだりしています」(24歳/広告)
「変な小細工とかは苦手なので"おねだり"というよりは純粋に"おねがい"といった感じでしょうか」(29歳/情報サービス)

 その素直な姿勢に、思わず無理なお願いでも聞いてあげたくなるのかもしれませんね。

■王道、上目遣い
「昔は背が小さいことがコンプレックスだったんですけど、今では最大限利用しています! やっぱり男性は上目遣いに弱いので (笑)」(21歳/学生)

 これは王道中の王道ですが......効果があるからこそ、男性におねだりする際のテッパンとして君臨し続けるのでしょうね。

■押してもダメなら引いてみる
「おねだりが失敗しそうだなー......と思ったときに、最後の一押しで『じゃあいいよっ!』とすねた風に言う。これで成功率がぐんとアップしますよ」(23歳/医療)

 ポイントは「すねるときも、かわいく言うことを忘れない」ことだそうです。かわいさの分量を間違うとただのわがまま女と認定されてしまう諸刃の剣......取り扱いには注意しましょう!

■あまえんぼ攻撃
「ベタですけど男性社員のスーツの裾をちょんちょん、と引っ張ってから『この仕事が分からなくて......』というと大体手伝ってもらえます。でも最近、その手口がバレてきたのか言う前に『何か手伝ってほしいの?』って聞かれちゃうんですよね (笑)」(24歳/金融)

 彼女の職場は女性が少ない上に最年少だそうで、「正直おねだりしやすい環境だ」とのこと。うらやましいですね。

■ときにはしおらしく
「用件を伝えた後に『無理......だよねぇ?』としおらしくしてみる。しおらしくするのも計算のうちです」(26歳/小売り)

 おねだり上手な女性はこれくらいの計算は簡単に出来てしまうのですね......さすがです!

■上級者テクニック
「『食事中はNOと言いづらい』と聞いたことがあるので、それを実践しています! 実際にこれで今のところ8割方成功していますよ!!」(31歳/金融)

 楽しく食事しているときに、相手にNOをつきつけて落ち込ませたくないですからね。ここまでくると、まるでプロの交渉人です。


普段おねだりが苦手な女性からすると「こんなのできない!」と思うかもしれません。しかし、おねだり上手はなにかと得することが多いのも事実。まずはライトなものから取り入れてみると、案外すんなりとおねだり成功するかもしれませんね。

(木村衣里+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ