ここから本文です

旅は誰と一緒に行くかによって、味わいががらっと変わるもの。できれば一緒に行くことで、より旅が楽しくなる人と行きたいですよね。特に海外旅行の場合は言語や安全面の配慮、食事など、国内旅行よりも意識する必要のあることがたくさんあります。楽しい海外旅行を満喫するために、どんなことを意識して一緒に行く友達を選ぶといいのでしょうか。海外旅行好きの女性に聞きました。

サムネイル

■体力が同じくらいの人

「以前、一緒に行った人がすぐに疲れてしまう人で困ったことがあります。ちょっと歩くとすぐに『休もう』とカフェなどに入りたがる。私一人だったら3倍くらい見て回れたなあ、と思ってしまいました。でも、きっとその相手も『こんなにハードな旅をさせられるとは......』と思っていたはず。せっかく海外に行くなら、体力差があまりない相手と行きたいです」(25歳/通信)

 海外旅行だと時差や気温差があったり、日ごろ歩かない距離を歩いたりと体力を消耗することも多いもの。同じくらいの体力だと休みたくなるタイミングも同じで良さそうです。

■行き当たりばったりの旅行を楽しめる人

「現地で出会った人と飲みにいったり、偶然見つけたカフェに入ったりと、行き当たりばったりの旅行が好きです。ガイドブックも持って行きたくないくらい。一度とても計画的な人と旅行をしたら、最初の日から最後の日まで見に行く場所や食事をとる場所が決まっていて、ちっとも旅行をした気になりませんでした」(29歳/教育)

 逆に計画的に旅行したい人にとっても、行き当たりばったりのタイプの人と旅行しても楽しめなさそうです。

■旅先に求めるものが同じ人

「『ハワイに行こう!』と盛り上がり、会社の同期と一緒に行ったのですが、私はショッピング目当て、彼女はサーフィン目当てで、現地で別行動することに。最初からもっと相談して目的を確認しておけば良かった。一人旅のようでちょっとさみしかったです」(34歳/小売り)

 ハワイのようにいろいろな楽しみ方ができる場所に行くときは、頭の中で描いている現地のイメージが違うかもしれません。最初に目的を確認しておくといいかも。

■慎重なところ、慎重な程度が一緒の人

「同行者が驚くほど食べ物に関して慎重で、旅行中なのに和食や日本にもチェーン展開のあるお店に毎日行きたがっていました。私はせっかくの海外旅行なので現地のお店や屋台でも食べたかったのに。仲の良い友人なのですが、彼女と旅行に行くのは国内だけにしておこうと思いました。食べ物だけではなく、夜遊びへの慎重さや、現地で出会う人への慎重さも同じくらいの方が楽しめるのかなと思っています」(36歳/通信)

 慎重さが適度に違うと、刺激あり安全への配慮もありの楽しい旅行になりそうですが、大幅に違うと、やはり楽しめないようですね。

■ライフステージが一緒の人

「既婚者の友達と、未婚で彼なしの友達と未婚で彼アリの私の3人で旅行したのですが、けっこうキツかった。彼なしの友達は『ここで良い出会いがあるかも!』となんだか頑張っているし、既婚者の友達は私たちに『結婚とは』のレクチャーを始めるし......」(27歳/サービス)

 朝から晩までずっと一緒にいると、仲が深まる半面、話したくないことまで踏み込まれてしまうこともありますよね。言われたくないことを言いそうにない人と旅行をするのが懸命かも。

■意見や自分の気持ちをきちんと言い合える人

「旅行では緊張や疲れでいら立つことも多いもの。赤の他人と出かけたら、何かすれ違いが起こるのは当たり前だし、相手も自分の行動にいら立ちを感じているかも。だからお互いさまですよね。相手にもお互いさまだと思ってほしいし、何かどうしても気になることはその場で意見や自分の気持ちを言い合える人と旅行したいです」(32歳/マスコミ)

 我慢しすぎず、でも適度に気遣いながら旅行をできる人だとベストということでしょうか。

■主体的に参加できる人

「海外旅行が初めての友人と旅行をした時はつらかった。私だって英語がそこまでしゃべれるわけでもないのに、友人はまったくやる気を出さない。買い物でも一瞬たりとも別行動をしたくないと言うし、何を食べたいか、どこに行きたいか、聞いてもまったく主張しない。そのくせ文句だけは言う......。プライベート添乗員になったようで疲れました。ある程度、主体的に旅行に参加する人と一緒じゃないと楽しめません」(29歳/広告)

 主体的に参加してくれないなら、一人旅にお荷物が加わったような気持ちになるかも。


せっかく海外旅行をするなら、旅先で楽しめて、一緒に行く人と仲が深まるような旅をしたいもの。慎重に一緒に行く人を見極めて、楽しい旅行をしたいですね。

(イエデカク+プレスラボ)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ