ここから本文です

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が10月9日深夜放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、過去に手相の整形手術を受けていたことを明かした。

サムネイル

中田は写真左



中田は、仕事が減ってきた時期に受けた仕事として、「中田、整形する」という韓国でのロケ企画を挙げる。「顔はさすがに勘弁してください」とお願いしてなんとか顔の整形は免れたものの、手相を整形することになってしまったと明かした。
手術といってもレーザーを当てるなどの簡単なものを想像していた中田だが、実際に行われたのは、手術台に乗せられての6人がかりの大手術。完治までに1カ月を要したにも関わらず、肝心の映像は、「映像がグロ過ぎる」というスタッフの判断によりお蔵入りになってしまったそうだ。

しかも手術後に行った皮膚科では、医師から「手はいろいろな神経が通ってるんだから!」と怒られてしまったという。中田は、手術を思い返して、「でも俺の手にはでっかいメスが3本も入ったよ!!」と声を張り上げていた。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ