ここから本文です

AKB48・川栄李奈が10月13日深夜放送の「有吉AKB共和国」(TBS系)で、AKB48握手会襲撃事件について言及した。

サムネイル



5月に行われた握手会イベントで刃物を持った男の襲撃にあい、手を負傷した川栄。「人に対して敏感になりました」と現在の状況についてこぼす。突然知らない人が隣に来ると反射的に怯(おび)えてしまうそうで、やはり現在もトラウマは残っているようだ。

さらに川栄は、「AKBを辞めようとも思った」と事件をきっかけに卒業も考えていたことを告白する。「でも、ここで辞めたら負けた気がする」とあらためて思い直し、活動再開を決めたという。「親しみやすいアイドルになりたい」と今後の目標を語った。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ