ここから本文です

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・V6の"イノッチ"こと井ノ原快彦が10月15日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、有働由美子アナウンサーへのイジリに苦言を呈した。

サムネイル



同番組では、40代以上の女性を対象としたセクハラについて特集。番組で以前、スカーフを巻いた有働アナに中谷文彦アナウンサーが「有働さんのスカーフは熟女仕様」「くすんだ顔も明るく見える」と声をかけた出来事もセクハラの一例として取り上げられた。

有働アナは、「中谷アナとは同期で冗談が言える関係性があるし、彼が楽しませようとして言ってるのがわかる」と中谷アナをフォローする。しかし、井ノ原は、それ以外にも番組での有働アナの扱いにはいろいろ疑問を感じる部分があるらしい。「僕、この番組で結構思うことありますよ」と指摘する。

有働アナは同番組で度々"イジられキャラ"のように扱われてきた。未婚であることから、縁結びスポットの紹介をした際は10枚もの縁結びのお守りを渡されたり、衣装の脇に汗ジミができてしまったことから、「有働納得、ワキ汗に悩まない秘策」というタイトルの企画が行われたりしたこともあった。

そういったイジリに対して有働アナ自身は嫌な顔ひとつせず自虐ネタで笑いをとってはいるが、井ノ原は、「有働さんって切り替えしが上手だし、『どうぞ、笑って』って受け入れてくれるからみんな救われてるけど、有働さんになにしてもいいってわけじゃない」と苦言を呈する。「それでひと笑いとれると思ったら大間違いだぞ」と訴え、有働アナで笑いをとろうとすることは彼女の優しさに甘えているだけだとの考えを示した。

井ノ原の気遣いに有働アナも心にじーんときたものがあったようで、番組エンディングでは、「イノッチの発言泣かせる!」という視聴者からの感想を紹介しながら、「私も隣で『うっ』となっておりました」と目頭をおさえてみせた。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ