ここから本文です

千葉県船橋市非公認キャラクター・ふなっしーが10月15日、弟・ふなごろーのなりすましアカウントがTwitter上に早くも現れたとして、あきれた様子を見せた。

サムネイル

写真:トレンドニュース
ふなっしーの弟・ふなごろー(左)=バンダイ新商品発売記念イベントにて


10月15日、バンダイの新商品発売記念イベントにて初お披露目となったふなごろー。ふなごろーを名乗るアカウントはイベント後すぐに開設されたようで、ふなっしーファンのひとりが当該アカウントと交流していたことからふなっしーも事態を把握したらしい。
ふなっしーは「なりすましでるのはえーな......」とあきれた様子で当該アカウントがなりすましであることを指摘し、「そもそもふなごろーはスマホ持ってないから全部なりすましなっしー」と今後現れるかもしれないほかのなりすましアカウントについて注意を呼びかけた。

その後、ふなごろーのなりすましとされたアカウントは、「ぼくは公式じゃないなっぴ。勘違いさせちゃって、ごめんなさいなっぴ」「ぼくはなりすましをしたかったわけじゃないなっぴ。ふなっしーとふなごろーを心から応援したかっただけなぴな」などと謝罪している。

ふなごろーは梨妖精界274人の兄弟のうち、56番目にあたる妖精。妖精が取りつく前に青虫に食われてしまった梨と芋虫のハーフということで、頭に触覚、おしりには芋虫のしっぽがついている。ふなっしーより背丈は小さく、幼い少年の声。語尾は「なっぴー!」で、しっぽから"梨汁"ではなく"絹糸"を"ブシャー!"と出す。

ネット上では「かわいい!」と評判で、早くも人気キャラクターとなりそうなふなごろーなだけに、今後はなりすましに限らず無断で名前や写真などが使われるトラブルが頻発しそうだ。弟を見守るお兄ちゃん、ふなっしーはますます忙しくなりそうである。

(文/青山美乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ