ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。12月7日の放送では、ロックミュージシャンのROLLYと再現女優の栗田萌が"反省"しました。


★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>




■素顔は見た目と真逆な"世界一の小心者"


金髪にカラーコンタクトと見た目も"ロックスター"なROLLYは、見た目に反して中身がまったくロックでないことを反省します。
ロックバンド・すかんちのボーカル兼ギタリストとして90年代にヒット曲を連発したROLLY。見た目と裏腹な私生活を披露しますが、そのあまりなロックンローラーらしからぬ姿にスタジオも唖然とします。


実はものすごく気が小さくて"自称・世界一の小心者"。明日のことなど考えないのがロックンローラーなのに、天災に備えて自宅の備蓄品は完璧。レトルトカレー108食分、カセットボンベ78本、大量の飲料水、非常用の簡易トイレなど、非常用グッズが満載です。明日何が来てもとりあえずしばらく生きていけそうです。


■高校時代は太っていて、あだ名は「電気ブタナマズ」


スタジオでは、まずROLLYのアイコンでもあるカラーコンタクトレンズの話に。するとROLLYは、「仮面だ」といいます。高校生の頃は太っていて、「電気ブタナマズ」と呼ばれていじめも受けていた経験を告白。それがカラコンをしてメイクをすることでROLLYになれるのですが、中身はまだ「電気ブタナマズ」といじめられた寺西一雄(本名)なのだそうです。


ロッカーといえばケンカも付きものですが、ROLLYはケンカもしたことなし。楽屋も「来た時より美しくして帰る」がモットーだそうで、掃除して帰るのだそうです。たしかにロッカーらしくありませんね。でもとてもいい人です。"ゲイ疑惑"も飛び出しますが、「女好きなんです」と意外な一面も見せます。


■ROLLYへの爆笑の禊(みそぎ)もオンエア


そんなROLLYへの禊は、「日本エレキテル連合のメイクで生まれ変わる」。この禊の模様も放送されます。かなり笑えます。最初は嫌がっていたROLLYも「ダメよ、ダメダメ~」を連発。いい人です。


■"再現女優"栗田萌は出演シーンカットの愚痴を反省


栗田萌は、再現女優。バラエティ番組などで芸能人の告白などを基にした再現ドラマに数々出演。辻希美役、鈴木奈々役、芹那役などをこなしており、見たことある人も多いのでは。
そんな栗田の反省は、「自分の出演シーンがカットされた愚痴をブログに書きこんでいること」。栗田はそのタレントになりきるため、口調やしぐさを研究。なのに出演シーンがカットされ、そのたびごとにブログに書き込んでいます。


■天然ちゃんが見届け人大久保佳代子に"暴言"、その結果......


その素顔は実は天然ちゃんのようで、スタジオのトークでは見届け人の大久保佳代子に向かって"暴言"。大久保もスタジオも凍りつきます。どんな暴言かは番組を見ていただくとして、愚痴もその天然ぶりが露出した結果のようです。


トークもそこそこに禊にいきます。禊は大久保佳代子の再現ドラマを演じるというもの。ご立腹な大久保からややお下品なエピソードを提供され、それにチャレンジします。


その模様も放送されます。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行


★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>


(文/関口賢@HEW )

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ