ここから本文です

がんが再発見された音楽プロデューサーのつんく♂が10月19日に自身のTwitterで、音楽プロデューサー・小室哲哉からのエールに感謝を述べた。

サムネイル



つんく♂は今年2月、喉頭声帯に早期のがんが発見された。9月に「『癌(がん)は完全寛解しました』と先生からの嬉しいお言葉を頂きました」と発表したが、10月17日、また新たにがんが見つかったことをブログで告白。再手術は成功したと伝えていた。

この発表を受けて、小室は10月18日に自身のTwitterで、「つんく本人が、誰より歯がゆい日々でしょう。休みたくなんか、ないはずだから」とつんく♂の心情をおもんぱかる。「なんの慰めにも、ならないけど僕より10歳も若いから大仕事はまだまだできるね」と励ましつつも、「でも、かわいそう。早く働きたいでしょう」と心配。「出過ぎですが、医療スタッフの皆さん、よろしくお願いします。同業者より」と気遣っていた。

翌19日、小室の思いやりにつんく♂が感謝。「ありがとうございます! まだまだ日本を盛り上げる為に頑張っていきましょう!」と熱く語りかけて、さらに小室も「つんくは歌える歌を創れるからね。貴重」と返信。同じ音楽プロデューサーとして激励しあった。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ