ここから本文です

元モーニング娘。・加護亜依が10月28日、夫に出資法違反(高金利)容疑で逮捕状が出された件についてブログで謝罪。引退を視野に入れていることを明かした。

サムネイル

加護亜依/Ai Kago, Aug 29, 2014 : イベント「AKIBA TOKYO COLLECTION」に登場した「Girls Beat!!」=2014年8月29日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


報道によると、加護の夫である会社役員の男性は昨年9月頃、知人と共謀して違法な高金利で現金約250万円を貸しつけたという。

加護は同日に自身のブログで、夫が巻き起こした騒動について謝罪。また、「私には内容や詳細はわかりませんが、先程、真実をハッキリさせてくるという事で、出頭致しました」と夫が出頭したことを公表した。

加護は、自身が中心となって今年2月に結成したばかりのアイドルグループ・Girls Beat!!(ガールズビート)も含め、今後の芸能活動について考えていくそう。「これ以上、ファンの方々、関係者の方々、メンバーに心配や迷惑をかけられないという思いが大きくあります」「ただ、一方では芸能しか知りませんし、再起して芸能をやっていきたい気持ちもあります」とつづる通り、ふたつの感情の間で悩んでいるらしい。
「これから活動を続けたとしてもどんな意見があるかもわかりませんし、今後の生活の事も考えないといけません」と冷静に語り、「引退も選択肢のひとつとして含め考えております」と打ち明ける。
そして、「もう少し時間を頂ければと思います」とつづっている。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ