ここから本文です

国語辞典編纂(へんさん)者・飯間浩明氏が11月3日に自身のTwitterで、「所さんのニッポンの出番!」(TBS系)のスタッフから失礼な依頼をされたことを暴露。同番組について、「見る時は盲信しないのが吉です」と呼びかけている。

飯間氏は、「所さんのニッポンの出番!」のスタッフから、「『祭』と『待つ』を語源的に関連づけてコメントしてほしい」という依頼があったと明かす。しかし、飯間氏が「古文献にはありますが、(語源的な)関連は薄いのでは」と返したところ、そのまま連絡が途絶えてしまったそう。飯間氏は、「『所さんのニッポンの出番』を見る時は盲信しないのが吉です」と呼びかけた。

飯間氏のこのツイートには、フォロワーから「バラエティーなのだから、(情報としての正しさに)こだわらなくても」といった意見も寄せられたようだが、飯間氏は、「いいバラエティー番組にするために、真剣に裏を取っている制作者もいる」と反論。自身はそういった人に協力したいとの考えを示した。

飯間氏は、『三省堂国語辞典』(三省堂)の編纂(へんさん)などをする国語辞典編纂(へんさん)者。

(文/木村彩乃@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ