ここから本文です

休止状態に陥っていたアイドルグループ・カントリー娘。がカントリー・ガールズに名前を改めて再始動する。同グループのプレイングマネジャーに就任したアイドルグループ・Berryz工房の"ももち"こと嗣永桃子は11月5日、意気込みをブログにつづった。

サムネイル

嗣永桃子/Momoko Tsugunaga(Berryzkobo), Jun 14, 2014 : =2014年6月14日撮影 MTV VMAJ Video Music Awards Japan 2014
写真:まんたんウェブ/アフロ


カントリー娘。は、芸能活動と農業を両立する"半農半芸"をコンセプトに1999年誕生。しかし、メンバーの卒業が続き、2007年についにタレント・里田まいひとりだけのグループに。里田の意向でユニット自体は存続していたものの、活動は休眠状態となっていた。

だが、そのカントリー娘。がカントリー・ガールズとして再スタート。新メンバー6人体制で、来年1月から開催するハロー!プロジェクトのライブツアーでお披露目される予定だと報じられている。

そして、カントリー娘。を長年守り続けた里田はグループのスーパーバイザーに就任。また、嗣永は、プレイングマネジャーとして参加する。

嗣永は11月5日、プレイングマネジャーに就任したことをブログで報告するとともに、その役割について、「里田まいさんと一緒にカントリー・ガールズの先頭に立って引っ張っていくポジションです」と説明している。

嗣永が現在所属しているBerryz工房は、来春に無期限の活動停止となる。卒業後の進路について考えた結果、嗣永は、「ももちにはアイドルしかない!! ももちはアイドルが大好きだ!!」と改めて感じたそう。「最年少のメンバーは12歳で10歳も離れていますが持ち前の可愛さと愛嬌で素敵なグループを作り上げたいと思います」と自分大好きな"ももち節"で今後の意気込みを語った。

また、里田に対しても「里田さんのカントリーへの想いきちんと責任をもってたくさんの方にお伝えできるよう精一杯頑張ります!!」と宣言。「安心してももちにお任せあれ~」と語りかけて、「よーし!! ももクロ大好きだという旦那様が推し変したくなっちゃうくらい魅力的なグループにしちゃうぞ~(笑)」と気合を示した。

なお、嗣永の本格的な活動は、Berryz工房の活動停止後になるとのこと。

(文/原田美紗@HEW)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ