ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之が11月13日放送の「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)で、妻でフリーアナウンサーの青木裕子と今年3月に長男を出産して以来の夫婦初共演を果たした。青木アナは、結婚後も矢部に女性問題があったことを暴露した。

サムネイル

矢部浩之/Hiroyuki Yabe(ナインティナイン/NINETY-NINE), Mar 02, 2014
まもなく生まれる第1子について語ったナインティナインの矢部浩之さん=2014年3月2日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


青木アナは、出演者から「結婚後に、こんなはずじゃなかったと思ったことはありますか?」と尋ねられると、「子どもが生まれる前に、(矢部に)女性問題があった」と明かす。なんとプレイボーイとして知られる矢部は、結婚後もなお"チャラチャラ期"が続いていたという。

青木アナは、女性問題に気づいたきっかけを、「女の人の口座番号が書いてあったりした」と語る。具体的な"女性問題"の内容については触れなかったが、「問題を治めるのに......」と、問題の口座がなんらかのトラブルを解決するための金銭の振込みに使われたことをほのめかした。

その後、現場に現れた矢部は、「口座番号の件だけカットしていただけますか?」と笑顔を浮かべつつもお願い。「お母さんの口座番号かな」とトボけると、すかさず青木アナがひと言。発言には音声がかぶせられていたが、どうやら口座の持ち主らしき名前を出したようで、出演者からは、「今個人名が......」と驚く声が上がった。

(文/木村彩乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ