ここから本文です

女優・泉ピン子が11月14日放送の「あさイチ」(NHK総合)に出演。NHK連続テレビ小説「マッサン」のネタバレを連発して、視聴者からネット上で悲鳴が上がっている。

サムネイル

泉ピン子/Pinko Izumi, 玉山鉄二/Tetsuji Tamayama and Charlotte Kate Fox, Sep 03, 2014 : 「マッサン」の第1週試写会に登場した玉山鉄二さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん=2014年9月3日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


同ドラマは、スコットランド人のエリーとウイスキー作りの夢を抱く夫・亀山政春の生涯を描いた物語。ピン子は、政春の母・亀山早苗役として、エリーをいびる鬼姑(しゅうとめ)を熱演している。

「あさイチ」11月14日放送回にゲストでやってきたピン子は、MCのV6・井ノ原快彦から「広島にいるはずじゃなかったんですか?(早苗は広島に住んでいる)」とイジられると、「広島はね、もう死んじゃったんですよ」と番組冒頭であっさり今後のストーリーを明かす。

ピン子の爆弾発言は続き、"来週以降、政春の実家のシーンが増えていくこと"、また、"亀山家の長女・千加子になにか事件が起こること"もバラす。そして、「私が死ぬシーンはすごくいいですよ。これ以上の芝居はできないっていうくらい頑張りました。気合入った! 悔いない!」と熱心にアピール。「お正月の週に死にます」となんと具体的な時期までもらした。

相次ぐネタバレ発言に、視聴者からはネット上で、

「ピン子、自由だ。誰も止められない」
「これ以上は言わないでおくれよ」
「あまりのネタバレっぷりに圧倒されて速攻テレビ消した」

といった悲鳴が上がっている。

ただ、早苗が死ぬこと自体は、9月に行われた会見の時点ですでに明かされている。とはいっても、ピン子のマイペースな語り口が「一体どこまでしゃべるんだ!?」と視聴者をハラハラさせたのは間違いなさそうだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ