ここから本文です

お笑いタレント・有吉弘行が11月19日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、芸人の苦労談などをやたらと取りざたする、お笑いコンテストの感動演出に疑問を投げかけた。

サムネイル

有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Apr 09, 2014 : 久々の食品CMに喜び商品のおにぎりをほおばって見せる有吉弘行さん=2014年4月9日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


同番組では、「お笑いコンテスト番組で流される出場芸人の紹介VTRで、苦労や家族を売りにするものが増えてきて、この頃気楽にネタを見ることができない」という視聴者の声が取り上げられた。

有吉は、「見てる人が感動と病気が好きだから仕方ないんだよ」「お笑い芸人も嫌だと思うよ。『苦労をわかってもらいたい』とは思ってないよ」とぶっちゃける。ただ、人間誰でも苦労があるものなのだから、大変なエピソードばかりを話題にされる芸人側も「それ以外個性がなかったのかなと思う」と付け加えた。

だが、こういった感動演出が行われる背景には、スタッフの指示もあるらしい。有吉は、とある芸人の紹介VTRに応援役として自分が出演した際、ふざけたシーンは後で全部カットされていたという体験談を明かし、「上の立場のディレクターに真面目にやってくださいって言われんのよ。芸人のせいじゃないっていうのはわかってほしいのよ」と訴える。そして、「(感動演出は)いらないんじゃない?」と苦言を呈した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ