ここから本文です

菊地亜美が11月24日、アイドルグループ・アイドリング!!!を卒業。同日深夜放送のラジオ番組「バカリズムのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)で、今後はグラビアアイドル・吉木りさのポジションを狙っていくと意気込んだ。

サムネイル

菊地亜美/Ami Kikuchi(アイドリング!!!/Idoling!!!), Jun 20, 2014 : 特別番組「TMSアニメ50年のDNA」の記者会見=2014年6月20日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


同日に東京・NHKホールで行われたライブをもって、6年半におよぶアイドリング!!!での活動に終止符を打った菊地。ゲストで出演した「バカリズムのオールナイトニッポンGOLD」11月24日放送回では、卒業公演の裏話などを明かした。

お笑いタレント・バカリズムは、「菊地はグループ卒業によって、バラエティ番組で笑いをとれるけれど"アイドル"という武器がなくなってしまったんじゃないか」と指摘する。「今後(肩書は)どうするの? "タレント"ってハードル高いよ」と心配するバカリズムに、菊地は、「グループは卒業したけど、ソロのアイドルということで。だからアイドルはそのまま」と返答。今後も、"アイドル"として活動を続けていくと宣言した。

「アイドルっていっても歌を出したりはしないんでしょ?」といまいちピンときていない様子のバカリズムに、菊地は、「ポジションとしては、吉木りさちゃんみたいな感じ」と説明する。そして、「私、結構胸あるんですよ」と得意気に付け加えた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ