ここから本文です

モーニング娘。リーダーの道重さゆみが11月26日、横浜アリーナで行われた全国ツアー最終公演をもってグループを卒業。約12年間のアイドル活動に終止符を打った。同公演を訪れた中澤裕子や保田圭、田中れいなといったOGたちは、それぞれのブログにねぎらいの言葉をつづっている。

サムネイル

道重さゆみ/Sayumi Michishige(モーニング娘。'14/Morning Musume 14), Oct 15, 2014 : 東京都内で通算57枚目のニューシングル「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ~/見返り美人」の発売記念イベントを開催=2014年10月15日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


中澤は、「約3時間に及ぶライブ中涙をこらえて立派にやり遂げてましたけど。。。終演後に会ったしげちゃん泣き出しちゃいまして。。。」と終演後の裏話を明かす。そして、「いろんなプレッシャーや想いがあったんだなと。。。厳しい現状にあったモーニング娘。のこの数年8代目リーダーになりどうにかしてまた巻き返したいと頑張ってきたの知ってるので。。。本当にお疲れ様という気持ちとよく頑張ってくれたねと。。。ありがとうの気持ちでいっぱいです」と初代リーダーとして後輩の努力をねぎらい、「またいつかいつか一緒にステージに立てたらうれしいです」と呼びかけた。

また、保田は、「こんなに素敵な卒業式ができたのはしげちゃんが頑張って走り切った結果」とコメント。「昔は毒舌で人を笑わせるしげちゃんだったけどリーダーになったしげちゃんは頼もしかったなぁ」と後輩の成長を喜んでいる。

さらに、昨年5月に一足先にグループを卒業した元同期である田中は、「さゆ、リーダーになって顔つきも変わったし今日久々に さゆのパフォーマンス見て前よりも自信満々で 足痛かったやろーに(道重はライブ中に足を痛めてしまった)、絶対ステージからおらんくならんで上半身だけでも大きくパフォーマンスしよーと頑張るさゆ。 まぢ超心にきたよーー!!!」と素直な感想を語る。「最高の卒業式やったよー!!」「12年間お疲れ様さゆ!!!!」と祝福した。

ほかにも新垣里沙は、「カッコイイリーダーでしたっ!!!」、道重加入当時にリーダーを務めていた飯田圭織は、まだ幼かった頃の道重とのエピソードを明かしながら、「さゆ、約12年大変な事も素敵な事もたくさんあったと思うけど本当にお疲れ様でした。冗談でつっこめないほどキラキラ輝いていてとても可愛かったよ」と語っている。

なお、音楽プロデューサーのつんく♂もライブ終演後にブログを更新。道重との思い出を振り返りつつ、「『美しいままで卒業したい』っていうその乙女心。めちゃくちゃロックやと思います」と称賛。「この先は、誰かのものでなく、誰かのプロデュースでもなく、自分の人生。素直に楽しみながら進んでいってくださいね!」と激励している。

道重は2002年、オーディションに合格。2012年に第8代目リーダーに就任し、2013年10月からは新垣里沙の記録を超える歴代最長在籍メンバーとしてグループをひっぱっていったが、「可愛いうちに卒業したい」と今年4月に卒業を発表した。グループ卒業後は、しばらく活動休止する。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ