ここから本文です

タツノコプロ制作のアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の新作テレビシリーズ「夜ノヤッターマン」が2015年1月より放送予定。世界観が一新されるにともない、ドロンボー一味の声優も変更。ドロンジョ役に喜多村英梨(「魔法少女まどか☆マギカ」美樹さやか役など)、ボヤッキー役に平田広明(「ONE PIECE」サンジ役など)、トンズラー役に三宅健太(「ジョジョの奇妙な冒険」モハメド・アヴドゥル役など)、さらにドクロベエ役にものまねタレント・ホリが決定した。

サムネイル

(左からホリ、三宅健太、喜多村英梨、平田広明)
写真:トレンドニュース


セクシーな悪女の代名詞、ドロンジョという大役を射止めた喜多村は、「永遠の女王様アイドル」とその魅力を評する。そして、「声優というお仕事をやらせていただくなかで、これほどまでに大きな役につけるとは......。2015年の代表作になるんだなという緊張感をもってアフレコを進めさせていただいています」と神妙な面持ちでコメントした。

やはり歴史的な人気アニメ、しかも現在の大御所声優たちが演じた超有名キャラクターを演じることへのプレッシャーは、並々ならぬものらしい。

すでに2話分のアフレコを終えているが、トンズラー役の三宅は、「ドキドキしたまま3話のアフレコまで迎えちゃった感じ。一度過去の『ヤッターマン』を忘れて、新しい役として考えることで、なんとか自分の中で落としこんでいます」と告白。ボヤッキー役の平田も「今まで経験のないプレッシャーと闘いながらシリーズをやっていくんだろうな」と胸の内を明かした。

ドクロベエ役に抜擢(ばってき)されたホリは、声の仕事の経験がほとんどないといい大緊張。「ガッカリされないように」とひかえめに意気込む。リアルタイムで「ヤッターマン」を視聴していた頃からドクロベエがお気に入りだったそうで、「子供ながらに『面白い声だな』と感じていた」と振り返った。

まだまだ手探り状態だと口をそろえるキャスト陣。だが、視聴者に向けたアピールでは、

ホリ「見ないとおしおきだべぇ~!」
三宅「見てくれないと、泣いてしまうまんねん」
平田「チャンネルは、ポチッとな」
喜多村「お前たち、いくよ!」
三宅&平田「アラホラサッサー!!」

......と、さっそく息ピッタリのかけあいを見せていた。

なお、OP主題歌は、自身も声優として活躍する勇‐YOU‐と、音楽プロデューサーとして田村ゆかりなどさまざまな声優・アーティストに数々の楽曲を提供する雅友による音楽ユニット・SCREEN mode(スクリーンモード)が担当。ヤッターマン世代だという雅友は、「かなりプレッシャーがあって、どんな曲にしようかと何日も悩んだ。最後に『これしかないだろう』という感じで書いたのが今回の『極限dreamer』です」と楽曲を紹介。"新たな一歩"をイメージした、疾走感のある華やかな1曲に仕上がったと語った。

サムネイル
(左から勇‐YOU‐、雅友)
写真:トレンドニュース


■「夜ノヤッターマン」
「タイムボカンシリーズ」誕生40周年記念作。ヤッターマンとの戦いに破れ、辺境の地へ追放されたドロンボーたちに末えいがいた――。新たな世代のドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーと、新たなヤッターマンたちの誕生を描いた物語。2015年1月より放送予定。

サムネイル

(取材・文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ