ここから本文です

1998年5月に急逝したX JAPANのギタリスト・hide。1998年11月に発売された3rdアルバム『Ja,Zoo』に収録される予定だった彼の"新曲"「子 ギャル」が、時を経て、ヤマハが開発した最新の歌声合成技術(VOCALOID)と、hideと共に楽曲制作してきたI.N.A.のプロデュースワークが融合し、2年の月日を費やして完成。本日12月4日、そのミュージックビデオをオンエア解禁、ならびに同日正午よりGYAO!にて独占配信を開始した。

hide with Spread Beaver 「子 ギャル」Promotion Video 無料動画 GYAO![ギャオ]独占配信中>>


サムネイル


制作途中にhideは他界し、ラフなボーカルによるデモ音源しか存在しなかったため、"再現不可能"、"幻の未発表曲"とされていた「子 ギャル」。ファン待望のこの曲を、今年10月に「未発表曲をボカロで再現」と発表以降、ネットを中心に話題を集めていた。


新曲「子 ギャル」は、12月10日に発売となる、生誕50周年記念アルバム『子 ギャル』に収録。このアルバムは、"新曲1曲+Bonus Track"という異例な(?)構成。そして新曲 「子 ギャル」に加えて、「ピンクスパイダー」「ROCKET DIVE」など、hideの代表曲ともいえる15曲を"Bonus Track"として新たにリマスタリングして収録されている。
さらに、今回なんと「hide出演」によるプロモーションビデオも完成。このプロモーションビデオは、1998年、ロサンゼルスでの『Ja,Zoo』制作時のレコーディングシーンやオフのシーンで構成。既出の映像に加えて初公開となる未公開カットも使用した、まさに貴重なドキュメンタリー映像で、ファン垂涎の内容。


朝の解禁を受け、早速「朝から大泣きした」「声がボカロじゃない。hideが歌っている」「亡くなってからテレビで見られるなんて......。時代が追いついた」という声が続々とあがっている。hideファンはもちろんのこと、まだhideの作品に触れたことがない人にも、ぜひこの"生誕50周年"という機会に、色あせない彼のサウンドを体感してほしい。


hide with Spread Beaver 「子 ギャル」Promotion Video 無料動画 GYAO![ギャオ]独占配信中>>


【アルバム詳細】
hide生誕50周年記念アルバム『子 ギャル』
2014年12月10日(水)発売


サムネイル

通常盤 CD(SHM-CD仕様)


サムネイル

初回限定盤 CD(SHM-CD仕様)+DVD


【収録曲】
M-1、子 ギャル ※新曲
Bonus Track
M-2、Junk Story
M-3、In Motion
M-4、TELL ME (hide with Spread Beaver)
M-5、HURRY GO ROUND 
M-6、ever free 
M-7、ピンク スパイダー
M-8、ROCKET DIVE 
M-9、GOOD BYE 
M-10、Hi - Ho
M-11、Beauty & Stupid 
M-12、MISERY 
M-13、TELL ME 
M-14、DICE
M-15、50% & 50%
M-16、EYES LOVE YOU
Extra Track
M-17、子 ギャル(demo) ※初回限定盤のみに収録

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ