ここから本文です

古舘伊知郎キャスターが12月24日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)(以下、「報ステ」)で、たびたびささやかれている「報ステ」降板説に自ら言及。キッパリ否定した。

古舘降板についてはネット上を中心にしばしばウワサされており、11月10日発売の『週刊ポスト』(小学館)でも「報ステ」来春打ち切り説が報じられていた。

「報ステ」12月24日放送回のエンディングで、古舘は、「来年も気合を入れてお伝えしていかなければならない」と意気込む。そして、「私もウワサでずっと『報ステ』を降ろされると......」と自ら降板説に言及。「絶対大丈夫ですから。私の知りうる限りの情報収集においては大丈夫です」とカメラに向かって訴え、「また来年も決意新たに皆さんと一緒にお届けしていきたい」と再び"来年"について発言。続投を強調した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ