ここから本文です

AKB48・小嶋陽菜が1月4日放送の「堂本兄弟2015新春かえってきましたSP」(フジテレビ系)で、コンサート中のサボりを告白した。

サムネイル

小嶋陽菜/Haruna Kojima(AKB48), Dec 30, 2014 : 第56回 輝く!日本レコード大賞
写真:まんたんウェブ/アフロ


小嶋は以前コンサートで、衣装の早着替えがうまくいかず、着替え終わらないうちに次の曲が始まってしまったことがあったと明かす。しかもその時に出遅れてしまった曲が、たまたま小嶋が苦手な激しいダンスの曲だったこともあり、なんとそのまま1曲丸々サボってしまったそう。小嶋は、「途中から行ったらダンスもできないし余計に目立つなと思ったのと、すごくトイレに行きたかったので、トイレに行きました」とぶっちゃけた。

かねてファンの間ではマイペースな性格で知られている小嶋。昨年11月に放送された「有吉AKB共和国」(TBS系)では、コンサート中にスタッフに歌詞をつぶやかせ、それをインカムで聞きながら歌っていたことや、ダンスもあまり覚えておらず、前にいるメンバーを見ながら踊っていることも多いなどの"適当"エピソードを後輩から暴露されていた。

そんなマイペースな行動を続ける小嶋だが、ファンからは、

「代わりが効かない存在だから仕方ない」
「こじはるは別の部分でいっぱいカバーしてるしね」
「マイペースでも愛されるのがこじはる」

などといった声も上がっており、なんだかんだ許されているらしい。これだけのマイペースな行動が許されてしまうのも、ある意味、人徳があってこそ!?

(文/木村彩乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ