ここから本文です

タレント・矢口真里が1月7日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演。「この先どうしたら良いかわからない」という真剣な悩みを明かすなかで、「私だって傷ついた!!」と絶叫した。

サムネイル

矢口真里/Mari Yaguchi, Dec 11, 2014 : バラエティー番組「今だから言えるナイショ話」でMCに挑戦する矢口真里さん=2014年12月11日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


「この先どうしたらいいかわからない」と悩みを打ち明ける矢口は、不倫騒動前の世間のイメージは"明るく、元気"というもので、不倫や浮気というイメージが全くなかったと話す。そして、活動復帰を果たした現在について、「どういう風にキャラクターを展開していったらいいか、わからない」と切実に悩んでいる様子を見せた。あまりの真剣さに、司会の明石家さんまもいつものふざけた調子を出せず、「それは俺の楽屋に来い」と真面目にアドバイス。

「芸能界でこれからもやりたいか」という質問に対して、矢口は、「休んでいるとき、この生活がすてきだなと思ってしまった。このままお仕事をしないで、どうやったら生活がしていけるだろうと考えたこともあった」などと本音を吐露。さらに「街を歩くのも怖いですし、(カメラ)レンズもすごく怖くなってしまった」と不安定な状態にあったことを明かした。

すると、ゲストの心理評論家が、問題となった不倫騒動について、「傷つけた側ですか? 傷つけられた側ですか?」とたずねる。「今回は傷つけたほうです」とキッパリ答えた矢口だったが、「(矢口は)社会からスクープされたりして傷つけられているじゃないですか。立ち直るには、傷ついているんだっていうことを自分で認めること」と指摘されてしまう。カウンセリングの一環として「私も傷ついている」を叫ぶことを勧められ、戸惑う矢口。しかし、出演者たちにうながされて、ついには「私だって傷ついているんだ~っ!!」と絶叫してみせた。

(文/青山美乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ