ここから本文です

歌手の浜崎あゆみが1月8日、自身をはじめとしたライブメンバーやスタッフたちの間で胃腸炎の集団感染が起こっていたことをTwitterで明かした。

サムネイル

浜崎あゆみ/Ayumi Hamasaki, Apr 02, 2013 : 「マーク ジェイコブス」の作品展に登場した浜崎あゆみさん=2013年4月2日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


浜崎は1月6日、「え、、、まさかの吐き気と節々の痛み発症、、、、、、うそん」とツイート。浜崎のライブでバックダンサーを務める2-YANも「熱は出てないが体調悪化ですエグいっす。辛いっす」と体調不良を訴えており、同じくバックダンサーの神優作が「皆胃腸炎?!感染系のなんかっぽいね」と指摘。浜崎は、それらのツイートを引用したうえで、「一座集団感染説」とコメントしていた。

1月8日には、左目にものもらいがみっつできていることも報告し、「これ体調悪いのと関係あるのかな?」と不安げな様子をみせていた浜崎。しかし、自身の体調不良が話題になっていると知って、その後、あらためて事態を説明。やはり周囲で集団感染が起こっていたそうで、「お正月から我々一座、ダンサーズをはじめスタッフまでもがパタパタと胃腸炎で倒れていくという事態が起きていた」と語っている。しかし、「もう皆落ち着いてきていますので、ご心配なく」とのこと。浜崎は、「ものもらいの薬も無事GET」と付け加えている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ