ここから本文です

お笑いタレントのグレート義太夫が1月8日、異物混入の被害にあった過去をブログで告白した。

この頃世間を騒がしている飲食物への異物混入問題を受けて、義太夫は、「随分前だけど夕飯を食べに行った近所の中華屋で(今はもう無い)『天津丼』を食べていたら、思いっきり『固い物』が歯に当たった」と告白。なんと天津丼の中には男物の指輪が入っていたそうで、「結構大きかったな、一瞬『大当たり』かと思ったんだけど(笑)」と非常に驚いたことを明かした。
しかし、店員に異物混入の旨を伝えたところ、なんと謝罪の前に、指輪が見つかったことを「あったよ!」とほかの店員に報告したという。義太夫は、「あまりの出来事に驚いて怒る事も忘れてしまったよ...。まずお詫びだろう!!」と振り返る。結局、新しい天津丼が用意されたうえに料金もタダになったとのことだが、「なんとなくイヤな気分だったよね...。やっぱりまず先に謝ると言うか、お金じゃなくて誠意を見せて欲しかったよね...」と胸の内を明かした。

(文/沖﨑美海@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ