ここから本文です

――「女性は多少ぽっちゃりしてるくらいのほうがいい」と言う男性は多いが、その通り"痩せて仕事が減った"グラビアアイドルがいる。それが"ぽちゃドル"と呼ばれ人気の水樹たま。「食べ過ぎで太り怒られ」、「太ったことでブレイク」、そして今度は「痩せて怒られた」というグラビアアイドルらしからぬ彼女の経緯を振り返りつつ、"求められる自分とのギャップ"に対する苦悩について聞いた。

サムネイル

水樹たま 身長152センチ、3サイズB94、W59、H94
写真:(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演時)


■霊に取りつかれ"ぽちゃドル"に

デビューしてからしばらくは、ぽっちゃりじゃなかったんです。細いとまではいきませんが、標準体形にちょっと胸が大きいくらい。でも、あるとき変な霊に取りつかれてしまって。それまでも、暇だったこともあり、だらけた生活で体も多少たるんではいました。それが急に、食べるのを止められなくなった。あるもの全部食べないと気が済まなくて、それを自分でもコントロールできないんです。ヤバイなとは思うんですが、意識も朦朧(もうろう)としちゃって。病院に行こうとも思ったんですが何科に行けばいいのかわからないし、そもそも病気なのかもわからない。そのときたまたま友人にお祓(はら)いの方を紹介してもらい見てもらったところ、比喩的な意味じゃなくて本当に霊がついていました。原因がわからないトラブルのときは結構あるそうです。それでお祓(はら)いをしてもらったら治りました。

その過食のせいで、一気に10キロ以上太ってしまったんですが、かなり大変でした。衣装合わせでは製作の人に「どういうことだ!」って怒られるし、事務所にもブーブー言われるし。どうしようかなと思ってたら、2013年のはじめにたまたま"正月太り"とニュースにしていただいて、テレビに出させていただいたりと、急に仕事が増えたんです。その後しばらくして、"ぽちゃドル"なんて呼ばれるようになりました。ありがたいですよね。でもそう呼ばれるようになる前は、ちょっと太り過ぎなのでやっぱり事務所としても痩せさせようとなるわけですよ。そうすると、ファンの人からお叱りが来たりしました。なんで痩せさせるんだって。

■ぽちゃドルを維持する苦労

だから、いくら太ってると言われても基本的には"体形キープ"の方向性。普通のグラビアの方とは逆というか、それはそれでまったく種類が違う苦労があるんですよ。お刺身食べたいけど、痩せないように今日はラーメン食べなきゃね、みたいな。でもなんかラクしてるみたいに言われちゃう。でもほかのグラビアの人からは畑が違うとみなされるんで、ライバル視はされなくなりますね。

でも今年の夏、これもニュースにしていただいたんですが、大変な夏バテをして痩せてしまったんですよ。スッキリ体形になれたんですが、そうしたら体重とともに仕事も減ってしまって。なんか、つまらないらしい(笑)。そこまで細いわけじゃないので、どっちつかずというか、いじりにくくなったというか。これまで現場で「どう、食べてる?」なんて声をかけてくれていた人も、私を見て「あれ?」みたいな(笑)。

■要求されるままでいいのか

あるときからぽちゃドルになったわけですが、いくらその方向で需要が生まれたとはいっても、実は今葛藤を感じています。今のほうが、着られる服もいろいろあるし、健康的だと思うんですが、でも仕事は減ったし、私はどっちをとるべきなんだろうという悩みは深刻ですね。ぽっちゃりしていたときは、目の前の仕事を頑張るだけで考える暇がなかった。でも今は、自分がいいと思う自分と、人から求められる自分とのギャップが、つらいというより、もう迷子なんです。仕事的には太ったほうがいいのかもしれないけど、いつまで太ったネタでやっていけるんだろうとか、飽きられるんじゃないかとも思ってしまう。私、結構気にするタイプなんですよ。

あと、こういう立ち位置だから、「1日でどれだけ体重を増やせるか」なんて企画もあれば、すぐに戻せって言われたり。全部自分で調整するので大変なんですよ。DVDの撮影も、現場によって「もっとぽっちゃりしたほうがいい」と言われることもあれば、別の制作会社には「もうちょっとしぼらないと無理」と言われたり。それに合わせていかなきゃいけない。

でも本当は、自分がどうなりたいかって聞かれたら一番悩んでしまうんですよ。スカウトしていただいて、ぽちゃドルというチャンスをいただいて、「そのときいただいたお仕事が、自分に求められているものだ」と思って10年やってきた。だから、求められるものに応えていく、という方向でいいんじゃないかとも思っています。求められるだけでありがたいことだと思うから。

サムネイル
水樹たま 身長152センチ、3サイズB94、W59、H94
写真:(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演時)


――インタビュー中、「痩せても太っても私は私」ということを繰り返し口にしていた彼女。事実、ファンは体形ではなく彼女自身に魅力を感じているだろう。その時その時の姿を楽しむ、というのが水樹たまの正解なのかもしれない。

・・・・・
【プロフィール】
水樹たま
1985年7月16日生まれ。埼玉県出身。身長152センチ、3サイズはB94、W59、H94。
座右の銘は「過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる」。この言葉が、マイナス思考だった自分をポジティブに変えるきっかけになった。

(取材・文/大木信景@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見たい。

表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。


【バックナンバー】
「基本ダメ人間なんです」......"クール(?)な女優"吉田羊の素顔はどこにある?/<視線の先>インタビュー
<視線の先>「黙って見てて」――プールイがBiS解散の先に見据える未来
<視線の先>「歌ネタ王2014」優勝者......手賀沼ジュンが夢見る"笑い"と"音楽"の関係
擬音マジシャン 宮川大輔「すべらない話」の作り方/<視線の先>インタビュー

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 水樹たまが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」


激ヤセで話題のぽちゃドルの現在の体型


ぽちゃドルの太るための食生活が......


 ※その他の出演番組>>

・噂のぽちゃドル水樹たまがウエストサイズを生放送で公開計測!
・ぽちゃドルは痩せるとファンから苦情が
・リバウンドしにくいダイエット方法
・ダイエットに効果的な意外な食材

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ