ここから本文です

お笑いタレントのたむらけんじが、1月14日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)での発言をきっかけにまたも炎上。今回はシンバル奏者をバカにしたとして、批判を浴びている。

サムネイル

たむらけんじ/KenjiTamura, Dec 21, 2011 : 「R-1ぐらんぷり2012」記者会見に登場したたむらけんじさん=2011年12月21日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


同番組でたむらは、「オーケストラの中でいちばん簡単だろう、俺でもできるという楽器はシンバル」と持論を展開し、「シンバルだけで食べている人などいない説」を提唱。「音色が違うんじゃないの?」という松本人志の言葉にも、「鉄と鉄を合わせているだけですよ。そんなものに技術などあります?」と返して笑いを誘った。
しかし、プロのシンバル奏者・福島喜裕氏と素人の演奏を比較した検証VTRを見た後はさすがに認識を改めたようで、「技がすごかった。全然違いましたね」とプロの技術に感じ入っていた。

だが、検証VTRを見る前のシンバルをバカにしたような発言の数々が、一部の視聴者の怒りを買ってしまったらしい。たむらは1月15日、「なんか僕の知らんところで色々言われてるみたい」とツイート。「最後にまだ僕がシンバルの事色々言うてたら怒られてもしゃーないけど、最後はすごいんやってなってるし、ほんまにそう思ったし、何も言われることなし!」「何よりもプロの福島さんが出演してくれてる事が全て。ここまで言わんとわからんかい?」と反論した。

たむらは昨年11月にも、同番組で歌手・May J.について、「カバー曲の方がイメージがある」「オリジナル曲はどれやねん?」とコメントしたことで、炎上している。なお、今回の放送では登場時に「こんにちは、May J.です」とあいさつするなど、過去の炎上をすっかり笑いに変えていた。

(文/青山美乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ