ここから本文です

SMAPの中居正広がかつてゴミ屋敷に住んでいたことを、お笑いタレントの出川哲朗が、1月15日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で暴露した。

19年ほど前、よく中居と一緒に遊んでいたという出川。中居の家にも行ったことがあるそうだが、「まぁ~汚い汚い!」「足の踏み場がないってこのことだってくらいにゴミ屋敷」と当時中居が住んでいたワンルームについて明かす。

出川は、「ベッドがあるのに、座椅子のリクライニングを倒してこたつで寝ていた」「ベッドの上は、着替えやカップラーメンのゴミがいっぱい置いてあった」「トイレには、新聞が1カ月分くらい積み重なっていた」と中居のズボラっぷりを明らかにし、「テレビの"部屋が汚い人特集"に取り上げられるくらいの家」とバッサリ。当の本人である中居は、周囲の驚きをものともせず、「そんな生活してても、ここまで来れるから」とニヤリ。

なお、中居と親しいヒップホップユニット・RIP SLYMEのSUによると、中居が現在住んでいる家はかなりキレイなのだそう。しかし中居は、自分は掃除をしておらず、キレイなのは1年に1回、SUたちが掃除をしているからだと説明。根本の部分は昔と変わっていないと語った。

(文/青山美乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ