ここから本文です

女医でタレントの西川史子が1月15日深夜放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演。昨年1月の実業家男性との離婚後に、悲しみのあまり2億円以上の豪邸を購入したことを明かした。

サムネイル

西川史子/Ayako Nishikawa, Dec 10, 2014 : アーケードゲーム「LEFT 4 DEAD-生存者たち-」稼働記念
オープニングイベントに登場した西川史子さん=2014年12月10日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


「離婚のショックから前に進めなくなってしまった先生」として登場した西川は、「離婚は想像以上にエネルギーを使って、心がからっぽになって突然涙が出てくる」と生徒役の出演者たちに離婚のつらさを訴える。そして、離婚後に立ち直ろうと2億円のマンションを購入したことを告白。なんでも3LDKを「ひとりだから」と1LDKに変えるなどリフォーム代も含めて総額2億円以上支払ったそう。

家具も交換してすっかり居心地のいい家を作り上げた西川だったが、思わぬ落とし穴があった。快適なあまり家に出なくなり、ひとり酒ばかりが増えていったそうで、先月ひとり酒で泣いた回数は実に25回。
さらに170万円の高級ベッドを買うも見るのは悪夢ばかりで、結局はリビングに布団を敷いて就寝、120万円で購入したペットの犬も西川につられて性格が暗く変化するというわびしい生活。西川は、「別に家じゃない。ベッドじゃない。一緒にいる人が大事なんでしょうね」と心境を吐露し、「2億数千万円を使っても結局はひとりなんですよね」と淡々と語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ