ここから本文です

愛人騒動の渦中にある評論家・岡田斗司夫氏が1月20日、ブログを更新。ネット上に流出した"愛人リスト"について、「ほとんどは実在の人物を元にした創作」と釈明した。

サムネイル

岡田斗司夫氏の愛人疑惑を否定した犬山紙子氏
犬山紙子/Kamiko Inuyama, Aug 23, 2014 : 映画「ソニはご機嫌ななめ」(ホン・サンス監督)トークショーで指輪を見せ結婚について語った犬山紙子さん=2014年8月23日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


1月初旬、岡田氏の愛人を自称する女性が岡田氏とのキス写真をFacebookにアップ。はじめこそ「ニセ写真です」とTwitterで主張していた岡田氏だったが、1月9日にYouTubeで公開した動画では態度を一転。写真を本物だと認めたうえ、問題の女性も含め現在9人の女性と交際していることを告白。過去には"80股"を行っていたこともぶっちゃけた。

岡田氏の女性関係に賛否両論が寄せられるなか、ネット上には新たに"愛人リスト"とされる真偽不明の文章が流出した。そのリストは、何者かが複数の女性との交際について赤裸々につづったもので、実在する人物の名前もたびたび登場するということで話題に。
ネット上ではこのリストは岡田氏によるものではないかとうわさされ、女優・笹峯愛やエッセイストの犬山紙子氏が愛人疑惑をかけられて否定するという事態となっていた。

岡田氏は1月20日、「お詫び」と題してブログを更新。「今回インターネットに流出している、私と関係をもったとされる女性のリストですが、ほとんどは私が、仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたものです」と釈明しており、自身が書いたものであることは認めた形となっている。しかし、岡田氏は、「ほとんどは実在の人物を元にした創作」だと説明。「そのような事実もないのに、名前を出されてしまった方々に心からお詫びします」と謝罪した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ