ここから本文です

女優の中谷美紀が1月21日深夜放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で、引退を考えてインドを旅した過去を告白。旅先で起こった危険なトラブルの数々について明かした。

サムネイル

中谷美紀/Miki Nakatani, Jan 10, 2015 : ドラマ「ゴーストライター」の会見に登場した中谷美紀さん=2015年1月10日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


ひとり旅が趣味だという中谷。強烈な印象が残った場所はインドだそうで、「着いてすぐパスポートを盗まれたんです」と振り返る。乗り合いタクシーで気が付いたらかばんの中身が外に出ていたという強烈なエピソードに、TOKIOメンバーはビックリ。

「なんでインドに行ったのか?」という質問に、中谷は、「本当に仕事に疲れて、自信をなくしてた」と答える。「もう女優をやめようと思ったときに、やめるにあたって、とりあえずインドで1日1000円、500円みたいな最低限の生活をしてみようと思って、旅に出たんです」と当時の胸の内を打ち明けた。

しかし、世界中をひとりで旅するうえで、危険な目にあったことも一度や二度ではない。街灯もないような小さな村を歩くのが楽しいそうで、中谷は、「危険じゃないと面白くないんですよ」とニヤリ。「だまされそうになったり、『マリファナ買いますか?』とか言われたり、どこかに連れて行かれそうになったり......。本当に怖いことはいっぱいありましたよ」とサラリと語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ