ここから本文です

女優の加藤夏希が1月25日に放送された「あけるなキケン」(TBS系)で、過去に女性ウルトラマン役のオファーがきていたことを明かした。

サムネイル

加藤夏希/Natsuki Kato, Oct 16, 2014 : 「新世紀エヴァンゲリオン」のネルフ・伊吹マヤのコスプレ姿を披露した加藤夏希さん=2014年10月16日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


2002年8月に公開された映画「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL」でシリーズ初の女性ライダー・仮面ライダーファム役を演じた加藤。実はその後、今度は女性ウルトラマンのオファーがきたのだという。

特撮好きを公言している加藤は、仮面ライダーとウルトラマンという2大ヒーローを演じられることになって大喜び。「やります」とオファーを快諾した。そして、撮影日数やいろいろなスケジュールを調整していたが、スタッフから、「調べたら加藤さんライダーやられてますね。じゃあできません」と言われて、話が立ち消えになってしまったのだと明かした。

ヒーローものというジャンルの特性上、視聴者の子供たちに配慮してのスタッフの判断だったようだが、加藤はあきらめきれず、「ライダーでは死んだので!」と反論したそう。それでもやはり女性ウルトラマンにはなれなかったらしく、スタジオで少々残念そうな表情を浮かべた。

(文/沖崎美海@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ