ここから本文です

"スイカップ"の愛称で知られるフリーアナウンサーの古瀬絵理が1月27日の「解決! ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、結婚相手が社長であるとこれまで隠していた理由を明らかにした。

古瀬は、2011年9月に自身のブログで、結婚を発表。結婚相手については、「8歳年上の一般男性です」と報告していた。しかし、結婚から3年がたったいま、結婚相手は一般男性とはいっても実は社長だったと明かす。

古瀬は、「隠したわけではないんですが、マネジャーの助言もあってあえて言わなかった」と説明する。なんでもフリーアナウンサーが野球選手や会社経営者と結婚することは、世間からの印象が悪く、「やっぱりまた(この組み合わせ)か」と思わせてしまうのだという。

さらに古瀬は、「ちょっと小金を持ってそうなイメージっていうのが、会社経営者にはあるらしくって」とため息まじりに話す。「そうなると、どんな生活をするのか興味を持つ人が多くて、あからさまに『ここって家賃いくら?』とか聞いてくる人がいる」と"世間の目"に対する苦悩を語った。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ