ここから本文です

ももいろクローバーZが主演する映画「幕が上がる」(本広克行監督)の完成披露舞台挨拶が27日、都内で行なわれ、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5名が登壇。さらにサプライズゲストとして大リーグ・ニューヨークヤンキースの田中将大投手が登場し場内を沸かせた。

サムネイル

全国大会を目指す高校演劇部を描いた同映画。劇中と同様、メンバーたちは制服姿で登場し、映画をPRした。百田は「本当に初めてのことだらけで、撮影に入っても知らないことばっかりだったんですけど、一生懸命頑張りました」としつつ、スクリーンを前に「ライブとは全然違う舞台挨拶の雰囲気に慣れず、どうしたらいいのかわからないんですけど。どうしよう(笑)」といつもと勝手が違う舞台に困惑気味。

サムネイル

玉井は「去年の夏、ももクロと、監督と、たくさんのキャストの方々、スタッフさんと頑張ってつくったこの映画を、初めてこうやってお客さんに見てもらうことができてうれしいです。クランクアップしたときに監督が『映画というのはお客さんに見てもらって完成する』と言ってたから、完成への第1歩です」。
高城は「愛情あふれる現場で撮ったすてきな作品なので、少しでも多くの人に見てもらいたい。普段の私たちではない、ひとりひとりの新しい顔をみなさんに見てもらえたらいいなって思ってます」。有安が「やっぱり今日はいいね! こうやって近くて」と、会場を埋め尽くしたモノノフ(ももクロファン)の顔を見渡しながら、「これが全然カラフルじゃない、一般のお客さんがこんな大スクリーンで見ているのを想像すると、すごい不安でなんか怖いんですけど......。みなさん、大丈夫そうですかね? この映画」と言うと観客は大歓声で応える。佐々木は「本当に、私たちや監督、いろんなスタッフさんとかの愛情がたくさんつまってる作品です。みなさんの愛情をたくさん注いでくれたらうれしいです」とアピールした。

サムネイル

するとここで、観客と一緒に試写を見ていたという田中将大がサプライズで客席から登場。ももクロの面々は「トレーニング中じゃないの!?」「テレビで見たのに!」「なんでいるの!?」と驚くとともに、「(観客の)みんなにも気づかれずに入ってこれたことにも『え!?』なんだけど」と感心する。田中は「僕は日頃映画はほとんど見ないんですけど、自然とストーリーに引き込まれて、自分の高校時代も思い出しながら楽しんで見ることができました」と青春映画を満喫した様子。
さらに、「『幕が上がる』をひとりでも多くの方に見ていただくために、ももいろクローバーZのみなさんが、前代未聞の試みを実行します。題して、"行くぞ全国! 待ってろ全館!『幕が上がる』上映劇場全127館舞台挨拶"決定!」と、「史上最大のプロモーション大作戦」と銘打たれた企画を発表した。全国の映画館をメンバーがまわるこの企画に田中は「ニューヨークとかでやらないですかね?」と小ボケも。

サムネイル
サムネイル

舞台挨拶を締めたのは高城。が、「この『幕が上がる』は、私たちが100%を出しきった映画なんです。なので、残りの20%はみなさんの愛でうめてほしい!」との言葉に会場は「???」。メンバーもぼそっと「残ってないけど」と突っ込むが、構わず「"全高城"が泣いた『幕は上がる』の素晴らしさをたくさんの人に広めていきたいと思うので、がんばります!」とまとめた。

サムネイル

映画「幕が上がる」は2月28日より全国で公開。

サムネイル

(取材・文/大木信景@HEW
写真:トレンドニュース

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ