ここから本文です

オリコン・リサーチは1月28日に公式サイトで、4月6日をもって、オリコンが発表するランキングについてミュージックカードの合算集計を終了すると発表した。ネット上では、この方針変更により、日本の音楽ランキングに大きな変動が起きるのではないかと話題を呼んでいる。

サムネイル

写真:アフロ


ミュージックカードとは、カードに記載されたコードを専用入力フォームに入力することで、楽曲をダウンロードできるという商品形態のこと。CDに比べて安価で購入できるのが特徴のひとつとなっている。

2012年12月に日本で初めてミュージックカードを発売したEXILEをはじめとして、ミュージックカードを導入しているグループは多いが、オリコン・リサーチは1月28日、同社発表の音楽ランキングにおいて、ミュージックカードを合算集計しない方針に変更すると発表。
同社は2012年12月5日以降、「合算集計可能なCDが発売されている」「CD同様にJANコードが付与されている」「販売データが客観的かつ信頼できる」という3つの条件を満たしていた場合、ミュージックカードの合算集計を行ってきたが、ミュージックカードをオリコン音楽ランキングに集計することへの批判が増えてきていたという。
検証の結果、「ミュージックカードによるダウンロード率は、『音楽パッケージの販売』と認定するにはその数字が低すぎる」、「CDより安価な設定のうえ、複数枚のまとめ買いを誘引する作品など、社会通念上、独立した1枚のヒットとは言いがたい作品も散見される」「今後も同様な販売企画が進行している」といった理由から、4月6日付けのデイリーランキングから集計の方針を変更することが決定した。

オリコン・リサーチが指摘する通り、ミュージックカードを取り入れているグループの一部では、コンテンツは同じでも絵柄が違うカードを何種類も販売する、カードを全種類購入したファンに特典をつけるといったことが行われていた。そのためネット上を中心に、「大量購入させることで売上を伸ばしている楽曲は、本当に音楽ランキング上位にふさわしいのか?」といったミュージックカードを対象とした集計方法に疑問がもたれていた。

オリコン・リサーチの今回の発表を受けて、ネット上では、「ミュージックカードの合算終了により、今後音楽ランキングにランクインする面々が大きく変わるのではないか?」と注目されている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ