ここから本文です

タレントの新山千春が1月29日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、昨年12月の離婚後初のテレビ生出演を果たした。新山は、元夫であるプロ野球・西武2軍コーチの黒田哲史さんから慰謝料も養育費も受け取っていないことを明かした。

サムネイル

新山千春/Chiharu Niiyama, Sep 18, 2012 : 「キウイ会」イベント=2012年9月18日撮影
タレントの新山千春さんもアレンジ料理を披露
写真:まんたんウェブ/アフロ


新山は2004年、黒田さんと結婚。2006年には第1子女児を出産したが、昨年12月29日にブログで離婚を発表した。

新山は、離婚後初の生出演となる「バイキング」で、慰謝料について、「もらってもいないし、払ってもいないです」と明かす。養育費も自分から断ったと語り、共演者たちを驚かせた。
サッパリとした新山の姿勢に「それほどまでに元夫との縁を切りたいのか」という質問もぶつけられたが、新山は、円満離婚を強調。「自分の中で『シングルマザーで生きていく』という覚悟、ちゃんと自分の力で娘を育てていきたいというプライドがあったんです」と説明した。

離婚に至るきっかけは、2007年に新山が芸能活動を復帰したこと。新山としては家計を支えるつもりだったが、専業主婦でいることを希望していた黒田さんとの間に距離が生まれていき、2011年頃から離婚を意識するようになったと明かした。

新山は、「顔も見たくないとか泥沼とかではなくて、円満にゆっくり話し合っていった」とキッパリ語る。だからこそ「最後くらい明るく」と離婚2日前に家族3人ハワイ旅行にも行けたという。その際、黒田は、「俺が全部旅費出したる!」と言ったそうで、新山は、「最後までかっこいい人だと思った」と振り返った。

なお、新恋人について尋ねられると、「本当にいないです」と断言したが、「アプローチは受けましたか?」という質問には、意味深な照れ笑い......。「本当にフリーです」と返していた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ