ここから本文です

――お笑い通の間では、すでに常識!? 2015年ブレイクが予想されるお笑いコンビの一組、"新宿カウボーイ"。「こんにちわんこそば」、「テイテイツー」、「ある、ない、ある、ない、ピーピピピ......」などなど無数の一発ギャグをマシンガンのようにくりだすハイテンション漫才で知られ、昨年6月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)でネタを披露したことをきっかけにネット上を中心に話題沸騰。
さらに昨年大みそかに放送されたクイズ番組「くりぃむVS林修! 年越しクイズサバイバー」(テレビ朝日系)では、ツッコミ担当の石沢勤が優勝。誰もが予想しなかった芸能人100名と知識人50名の頂点に輝き、"クイズ王"という新たな称号を手に入れた。

2015年最高のスタートを切った新宿カウボーイ。大きな反響にまだ戸惑い気味な(?)本人たちに激動の半年間を振り返ってもらった。

サムネイル

(左)石沢勤(右)かねきよ勝則(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演時)
写真:トレンドニュース


■ブレイク寸前の実感ナシ!?

石沢:この半年間でいろいろありましたね。クイズで優勝してから、周りに「クイズ王」なんて呼ばれるし。クイズが得意だったなんて自分でも知らなかったですよ。偶然わかる問題ばかりだっただけなんで、ほかのクイズ番組とか見てみても全然わかりませんし。ハードル上がっちゃったなぁ......。

かねきよ:とんねるずさんの番組なんかもネットの反響はすごかったんです。ただとんでもなく仕事が増えたわけではないですね。しかも最近いきなり1本出演なくなりました。クイズで優勝したこのタイミングなのに(笑)。

石沢:バイトもだいぶ回数は減らせましたけど、やめられてないですしね。

かねきよ:だから、まだまだ伸び盛りです!

石沢:でもかねきよは顔バレするようになりましたね。

かねきよ:確かに街で気付かれる回数が増えました。ごくたまにしかなかったのが、今では結構「とんねるず見ました」なんて......。ただ、最近はあばれる君と間違えられてるパターンもあるんですけど(笑)。

■一発ギャグ以前は迷走......

かねきよ:「爆笑レッドカーペット」とかネタ見せ番組の全盛期に僕たち1回もテレビ出られてなかったんですよ。それで、「いい加減ダメだったら、さすがにやめよう」と悩んでるときに、たまたま僕が実家に帰ったんです。そしたら、親戚のおじさんが、全然ウケてないのにずっとダジャレ言ってガハハって笑ってるんですよ。なんかその姿を「ここまでやったら面白いな」と感じちゃって。僕もダジャレは思いつくんで、「10何年間やってて売れてないから、もう自分ができることを思い切りやれば、こっちも楽しいしなんとかなるかな」とやりはじめたのが、今の一発ギャグ漫才です。一発ギャグを始めてみたら、その親戚のおじさんをモチーフにしたネタで「爆笑レッドシアター」にも出られてよかったよかった。

石沢:一発ギャグにたどり着くまでは、かなり紆余(うよ)曲折経てましたね。最初はそもそもボケとツッコミ逆でしたし。それにかねきよの衣装も今の赤白スーツじゃなくて、マネジャーから「新宿カウボーイなんだから、カウボーイの格好しなきゃダメだよ」って言われて、テンガロンハットかぶってやってたんですよ。でもかねきよのハゲイジリをやるためには帽子邪魔だから、イジる前にちょっとハプニングで帽子とれるみたいなわざとらしい流れがあって。いや、それは全然ウケなかったですね(笑)。

かねきよ:「ある、ない......」のギャグも今は一番推してるけど、最初は全然ウケなかったね。

石沢:ウケないからもうやめようって話だったんだけど、芸人の集まる打ち上げで試しにやってみたら、すごくウケたんで、「じゃあもう1回やってみよう」と復活させたんです。

かねきよ:でも完全に没ネタにしたやつもあるよなぁ。なにやったっけ。

石沢:僕が「帰れ!」って言ったら、かねきよが「わかった」って自分のおっぱいもみはじめて、「帰る気ねーだろ!」ってツッコむってやつありましたね。でもまったくウケないし、しばらく寝かせてみて、それでもう1回やってみても全然ウケない(笑)。これは完全に没にしました。

かねきよ:まぁワインみたいな感じなのかもしれないですけどね。あと10年、20年寝かせたら、ひょっとしてウケるかも......。

サムネイル
写真:トレンドニュース


■目指せ、旅番組レギュラー!

かねきよ:今年の目標はなんだろうなー。去年の年末、「どういうことォ~!?」っていうギャグを流行らせようと相方に提案したんですけど、却下されましたし。本当は、「ある、ない......」がはやってほしいんですけど、尺をとるから使いにくいっていう弱点があるんで。

石沢:今年こそは、なにかレギュラーで仕事を頂けるように......。レギュラーって今まで経験がないんで、今まで経験していないことという意味でも挑戦したいです。

かねきよ:あのー......、僕、実は旅番組やりたいんですよ(笑)。

石沢:ワハハハハ!

かねきよ:もともと僕、「いい旅・夢気分」を見て「芸能人になったら、こういう番組で高級旅館に泊まったりできるんだ」って芸能界に憧れだした部分があるんで......。旅番組出たいですね!「新宿カウボーイの湯けむり珍道中」みたいな。

石沢:確かに旅番組いいかもなぁ。

かねきよ:あと僕が北海道出身で相方が新潟出身なんで、どっちかの地方で情報系番組のレギュラーとか。

石沢:僕はクイズ番組で実力を試したいって気持ちがちょっとありますね。次またオファーが来たときのために勉強しなおさないと。

かねきよ:本当は、「笑っていいとも!」も出たかったんですけどね。

石沢:長寿番組つながりで、「徹子の部屋」を目指すか!

かねきよ:もうそれ、今年の目標どころじゃないだろ! テイテイツー!!

石沢:わかんないよ。このまま調子よくなって下半期には出られるかもしれないよ(笑)。

――紆余(うよ)曲折の果てに現在の漫才のスタイルに行き着いた新宿カウボーイ。"クイズ王"という思わぬ武器も手に入れて、2015年はどこまで走る? 1年後には旅番組レギュラーどころか、とんでもない大スターになっていたりして......。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿カウボーイ(しんじゅくかうぼーい)

石沢勤(左)とかねきよ勝則(右)からなるお笑いコンビ。石沢は1980年6月9日生まれ、新潟県出身。かねきよは1978年3月18日生まれ、北海道出身。おぎやはぎMCのネタバラエティ番組「オサレもん」(フジテレビ系)にブレイク候補芸人として出演するなど、2015年の人気急上昇が予想される芸人の一組。
座右の銘は、「1日1歩」(石沢)と「明るく楽しく生きていく」(かねきよ)。

☆太田プロダクションのお笑い芸人養成所・太田プロエンタテインメント学院が2015年春からの生徒を募集中。福岡校が1期生、東京校が7期生、名古屋校が4期生の受け付けを開始。資料請求は太田プロダクションまで。

(取材・文/原田美紗@HEW

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見てみたい。
表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 新宿カウボーイが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

2015注目芸人がダジャレ連発の漫才披露 ぶるぺん(00:02:26)>>


クイズ番組で優勝も先輩・有吉に...... ぶるぺん(00:01:10)>>


 ※その他の出演番組>>

・若手芸人が業界で話題の特技を披露!
・若ハゲ芸人が20代の苦労話を告白
・メガネ芸人が必ず間違われるタレントとは
・無名芸人がクイズ番組でチャンピオンに......
・明石家さんまに乗っかりすぎて先輩から......
・若手芸人も気遣う木村拓哉が格好良すぎ!

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ