ここから本文です

『タッチ』などで知られる漫画家のあだち充氏の担当編集者が、2月9日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)に出演。あだち氏の絵を見てキャラクターの名前を当てるクイズに挑戦したところ、全問不正解だったとして、漫画雑誌『ゲッサン』(小学館)の公式Twitterで謝罪している。

「ファンでもキャラクターの見分けがつかない」とたびたびバラエティ番組などでイジられるあだち氏の作品だが、「月曜から夜ふかし」でも、『MIX』の立花投馬、『KATSU!』の里山活樹、『クロスゲーム』の樹多村光など、あだち氏の作品の主人公は、顔が同じに見えるとしてその違いを調査。
VTRには、あだち氏の担当編集者になって11年という市原武法氏が登場し、絵を見てキャラクターの名前を当てるというクイズに挑戦した。市原市は、「(見分けがつかないと)あだち充が若い頃からよく言われている」と認めつつも、「自分はいまだに(キャラクターを)間違えたことは一度もない」と豪語。しかし、残念ながら結果は全問不正解だった。

市原氏は、放送後、『ゲッサン』編集部公式Twitterにて、「全国のあだち充ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした!」と謝罪。「僕はあだちファンとしてイチから出直す覚悟ですが、全国のあだちファンのなかで全問正解できる猛者の方は是非僕の仇をとってくださいませ。いやー屈辱だ。11年も担当してるのに」と悔しがった。

なお、放送はあだち氏と一緒に見ていたそうで、あだち氏本人も、「だから俺にもわからねえよ!」と話していたと明かした。

(文/木村彩乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ