ここから本文です

4人組ロックバンド・SEKAI NO OWARIのSaoriとNakajinが2月12日、合唱コンクール「第82回NHK全国学校音楽コンクール」(以下、Nコン)の中学校の部の課題曲「プレゼント」の作詞作曲を担当した件について、それぞれのTwitterアカウントでコメント。曲に込めた思いを明かした。

サムネイル

SEKAI NO OWARI, Dec 30, 2014 : 「第56回 輝く! 日本レコード大賞」=2014年12月30日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


「Nコン」は、小学校・中学校・高等学校の児童や生徒を対象とした合唱コンクールで、毎年NHKが制作する課題曲と自由曲で参加者たちが競い合う。そして、今年行われる「Nコン2015」の中学校の部は、「多くの中学生が自ら合唱に興味を持ち、歌いたいと思える曲を」というねらいのもと、「プレゼント」が課題曲に。作詞はSEKAI NO OWARIのピアノ担当のSaori、作曲は同グループのギター担当であるNakajinが担当した。編曲は、作曲家の大田桜子さん。「Nコン2015」公式サイトでは歌詞の全文も公開されており、「プレゼント」は、人生についてのメッセージソングとなっている。

課題曲については2月10日に「Nコン2015」公式サイトで発表されたが、2月12日、Saoriが同楽曲についてツイート。「中学生の自分にあげたい曲を作ろうと思って、作詞しました」と語った。

また、Nakajinは、「学校教材になるという事であえて玄人っぽく複雑な響きを多用しました。その分、音楽の深い所にある気持ち良さを実感して貰える様なメロディになったと思います」と説明。「学生の皆さんはじっくり練習して、ぜひ味わって下さい」とつづっている。

なお、同コンクールの参加規定などは、3月中旬に発表される予定。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ