ここから本文です

昨年10月に持病のメニエール病が再発したことを告白した野球評論家の広澤克実氏が2月16日、約4カ月ぶりにブログを更新。3月27日のプロ野球シーズン開幕に向けて、リハビリをする方針を示した。

メニエール病とは、突然の激しいめまいを主な症状とした病気。広澤氏は昨年10月30日、「実は23日の夜に 持病の『メニエール病』が再発してしまいました。今は 薬を飲んで落ち着いてますが 気を許すと グルグル回る世界に引き込まれそうになります」と発表。「この病気が 収まり次第 ブログを更新させて頂きます」と伝え、そのままブログの更新はストップしていた。

そして、2月16日、広澤氏が久々にブログを更新。心配をかけてしまったことをファンにわびるとともに、「せっかくの日本シリーズ進出で ブログを更新することができなかったのにも拘らず たくさんの励ましのお言葉を頂き 心から お礼 申し上げます」と感謝を述べた。

現在の病状については、「まだ、10月の発病の影響が残っています。時々、クルクル回る渦の中に引き込まれそうになりますが 随分 良くなりました」と報告。「私も3月27日の開幕に合わせ リハビリしたいと思います」と前向きにつづった。

参照元:難病情報センター

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ