ここから本文です

モデル・西内まりやの姉であるタレント・西内ひろが2月19日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)に出演。妹・まりやへの強いライバル心を明かし、お笑いタレント・有吉 弘行から「妹へのコンプレックスすごそうだね」とツッコまれた。

サムネイル

西内まりや/Mariya Nishiuchi, Jan 27, 2015 : 音楽活動への熱い思いを語った西内まりやさん=2015年1月27日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


昨年「2014ミス・ユニバース・ジャパン」で準グランプリを獲得したひろだが、実はこの大会に出場したのは、「妹に負けたくない」という気持ちからだったという。デビューしてすぐにブレイクを迎え歌手に女優と活躍の場を広げる妹・まりやに、芸歴10年の苦労人である姉は、なかなか複雑な思いを抱いているらしい。

妹へのライバル心から「毎日1時間ジョギング」「週3、4回ジムで60分間トレーニング」「週1、2回英会話のレッスン」といったストイックな生活をおくっているという、ひろ。
芸能界の先輩である有吉と女優・三浦理恵子に「絶対芸能界で生き残りたいんです!」と相談を持ちかけたが、有吉は、「個人的なことを言うと、今やってる努力は全部やめたほうがいい」とバッサリ。「テレビでそんな完璧な人見たくないですよ。テレビ見て『あいつだめだなぁ』って言いたいんですから」「嫉妬の対象でしかない」と指摘し、三浦も「事務所じゃないですかね?」と身もふたもない答えを返した。

ひろは、「最近妹の名前がテレビで出るようになって、番組で人生の特集とか組まれるんです。でも私も結構同じ人生を歩んでるというか、妹は長くバドミントンやってるんですけど、私も9年間やってるんです。だから妹の出演している番組にバドミントンの恩師の方がきてるのを見たら、『私のほうがもっと恩師だと思ってるし!』『私のほうが長くやってたし!』と思う」とぶっちゃける。また、雑誌などで妹がオススメの店を紹介しているのを見ても「ここは私が連れていった場所だよね!?」と感じてしまうと語った。

有吉は、「僕がなんとなく空気で感じてることだから、勘違いだったらごめんなさいね」と前置きしたうえで、「妹にコンプレックスすごそうですね!」とコメント。ひろも「ありますねー」と苦笑していた。

番組放送後、ひろはブログで「妹へのライバル心がネタにはなってましたが、嫉妬心まで言うと私の中ではカナリオーバーで、、、」「彼女が頑張ってると私も、頑張ろうと思えるし高め合える良い仲なので、ご心配なく~♪」とフォロー。「コンプレックスは、、、意外とありません。笑!」と断言し、妹の存在によって自身もより奮起できると説明。「私も、やりたい人生好きなように生きているから私は私の生きるま~♪」(原文ママ)と明るくつづっている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ