ここから本文です

アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣が2月24日の「news every.」(日本テレビ系)で、いまだにAKB48と間違われるという悩みを明かした。

サムネイル

白石麻衣/Mai Shiraishi(乃木坂46/Nogizaka46), Jan 23, 2015 : 初のフォトブック「Ray 特別編集 乃木坂46 白石麻衣 1stフォトブック 『MAI STYLE』」の発売記念イベントに登場した「乃木坂46」の白石麻衣さん=2015年1月23日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


乃木坂46は、AKB48の公式ライバルとして2011年に結成されたアイドルグループ。メンバーの中でもとくに人気で、女性誌などの表紙をたびたび飾っている白石だが、「今でもAKB48さんに間違えられたりします」と打ち明ける。

白石は「乃木坂個人のグループとして大きくなっているというよりは、AKBさんの名前も借りている」と語り、デビューから3年たっても乃木坂46だけではまだ自立できていないとの考えを示す。そして、「乃木坂は乃木坂でひとつのグループとしてやっていって、いつかは分かれ道ができたらと思います」と意気込みを語った。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ