ここから本文です

「カバー曲のイメージが強い」発言で少々微妙な仲となっていたお笑い芸人・たむらけんじと歌手・May J.が2月24日、"奇跡的に"和解を果たした。それぞれが自身のTwitterで、喜びをつづっている。

サムネイル

たむらけんじ/KenjiTamura, Dec 21, 2011 : 「R-1ぐらんぷり2012」記者会見に登場したたむらけんじさん=2011年12月21日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


話の発端は、昨年11月20日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)。同番組では、たむらが「May J.さんはカバー曲のイメージが強く、逆に言うと『オリジナル曲はどれやねん?』という感じ」と毒舌をふるい、放送後にMay J.ファンから批判を受けるという騒ぎが巻き起こった。

その後、Twitter上では「私の名前を出して頂けるだけでも幸せな事だと思います」(May J.)、「めちゃくちゃリスペクトしてます」(たむら)といったやり取りがあったふたりだが、2月24日についにネット配信番組で共演が実現した。

番組配信後、May J.はたむらに「今日は来てくださって本当にありがとうございました!」と感謝のリプライ。「今回のことをきっかけに仲良くなれてとても嬉しいです!またお会いできるのを楽しみにしています!」という言葉に、たむらも「素敵な機会をありがちゃー!」と返信。「May J.大好き芸人いつかアメトーークでやりますから!」と約束した。

たむらは、2月25日の朝にもTwitterで和解についてコメント。「昨日は奇跡的にMayちゃんと和解もしてスッキリ!でもほんまに歌美味かった、口パク歌手は見習って欲しいわ!あっ、また炎上?」(原文ママ)とうれしげに語っている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ