ここから本文です

昨年7月より中咽頭がんの治療のため休業中の坂本龍一が、活動再開を考えていることがわかった。音楽プロデューサーの小室哲哉が3月2日にTwitterで明かした。

サムネイル

坂本龍一/Ryuichi Sakamoto, Aug 28, 2013 : Ryuichi Sakamoto, jury member and Japenese musician, gestures as he poses during a photocall at the 70th Venice Film Festival in Venice August 28, 2013. REUTERS/Alessandro Bianchi
写真:ロイター/アフロ


坂本は昨年7月、中咽頭がんをわずらっていることを公式サイトで発表。治療に専念するとして、ゲストディレクターを務める「札幌国際芸術祭2014」をはじめとしたイベントやコンサートの予定をキャンセルした。

小室は3月2日、「昨日、教授の最近のビデオメッセージを観ました」と報告。「どーしようもないほど元気ではないけれどいつもの口調で音楽活動をソロソロ始めようと、お話していました」と伝えており、坂本復活の可能性を示唆した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ